【長期間放置で稼げる】成約率の高い&長期的に上位表示できるキーワードの意味とは?

新型iPhoneも当たる!年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

こんにちは、山崎です。

 

今回の記事は、

前回の記事で述べたことを前提に、

話を進めていきます。

 

まだ前回の記事を見ていない方は、

今回の記事の内容理解を深めるためにも、

しっかりと見ていただければ幸いです。

【稼ぎ続けている人は知っている】ブログにて完全放置で効率良く稼ぎ続ける為に必ず考えたいこと

 

というわけで、今回は、

「成約率の高いキーワード&長期的に上位表示できるキーワードの具体例」

について、述べていきたいと思うのですが・・・・

 

まずは具体例の内容理解を深める為に、

成約率の高いキーワード&長期的に上位表示できるキーワードは、

どのようなキーワードなのかを具体的に説明していきたいと思います。

 

成約率の高い(売れる)キーワードのおさらいと・・・

まず成約率の高いキーワードですが、

僕の以下の講座の中で語った

【2億円稼いだ山崎のブログで稼ぐ講座.6】キーワード選定のコツ。すぐ売れるキーワードを選べ、ロングテールを狙う重要性

 

・緊急性を高く出来るキーワード

・ズラした商品名キーワード

 

というようなキーワードが、

「売れるキーワード」つまり成約率が高いキーワードという

情報をシェアいたしました。

 

が、今回はさらにもう一つ強力な「売れるキーワード」、

つまり「成約率が高いキーワード」の一つをシェアしていきます。

 

それが「悩みが強いキーワード」です。

 

「悩みが強いキーワード」の具体例

例えば、あなたが仮に

「英語の教材」を売る立場になったとします。

 

で、英語の教材を売る為にアクセスを集める際、

以下の二つのキーワード

 

「英語 話したい」

「海外赴任 英語できない」

 

このどちらかのキーワードを選んで記事を書けと言われた際、

貴方はどちらのキーワードを選びますかね?

(両者のキーワードの検索ボリュームが一定だと仮定します)

 

僕であれば、断然、

後者の「海外赴任 英語できない」を選びます。

 

なぜかと言えば、前者と後者のキーワードを比べた際、

圧倒的に後者のキーワードからアクセスしてきた人の方が、

英語の教材を売りやすいからです。

 

・・・・・と言っても、

この説明だけだと少しわかりづらいと思いますので、

もう少し具体的に言っていきましょう。

 

前者の「英語 話したい」で検索してきた客層

 

前者は「英語 話したい」というキーワードで検索しているわけですから、

そもそも英語が話したいという「want(〜したい)」というレベル。

 

「話せたらいいな〜」とか

「出来たらいいな〜」というレベルです。

 

ですから、極端のことと言えば、

別に英語を話す必要性が殆どないわけです。

 

つまり、英語を話せなくても別にいいやと思っており、

英語を話せないことに対しての悩みが少ないとも言えます。

 

なので、このような客層に英語の教材を強く勧めても、

購入に至る人は少なくなるというわけです。

(全く買わないという可能性は勿論ありませんが)

 

に対して・・・

 

後者の「海外赴任 英語できない」で検索してきた客層

 

後者の「海外赴任 英語できない」というキーワードを検索している人は、

まず「海外赴任」というキーワードからは、

他国へ観光ではなく仕事で長期間行くことが予測できます。

 

そして「英語できない」というキーワードからは、

そもそも英語ができる人は、

こんなキーワードを検索するわけありませんから、

「英語ができない人」が打ち込む可能性が高いキーワード。

 

つまり、この「海外赴任 英語できない」と検索する人は、

長期間、仕事で海外にいることから英語を学ぶ必要性が、

高いキーワードであることが予想されます。

 

で、このキーワードを検索する当事者の気持ちになって、

しっかりと考えればわかるかと思いますが、

 

このようなキーワードを

「どのような心境の時」に検索するのかと言えば、

「海外赴任なのに英語できないとヤバいよな。」

「海外赴任で英語ってやっぱり重要なスキルだよな。。。」

という心境であることが予測できます。

 

このようなことからも後者のキーワードは

先ほどのwantのレベルではなく、

「need(〜が必要である)」というレベル。

 

つまり、英語が話せないと不味いという状態であり、

英語が話せないことに対して悩みが強い可能性が高いというわけです。

 

両者キーワードを比べてみて・・・

 

このようなことからも両者を比較してみると、

前者のキーワードよりも、

後者のキーワードよりも悩みが強いことがわかります。

 

わかりやすく言えば、

英語を話せないとヤバいと思っているレベルは、

後者の方が高いというわけです。

 

つまり、英語が話せなくてよりヤバいと思っている

後者のキーワードを選んで記事を書いた方が、

アクセス出来た人に英語の教材が売れやすいのです。

 

ですから、後者の方のキーワードを選んで記事を書き、

英語の教材を紹介した方が、成約率が高くなるというわけです。

 

だからこそ、悩みが強いキーワードは、

成約率が高くなる傾向があり、

効率よく稼いでいくには積極的に狙うが良いのです。

 

長期的に上位表示できるキーワードは「マニアックなキーワード」

で、さらに悩みが強いキーワードの要素を抑えた上で、

意識したいキーワードの要素は

「マニアックなキーワード」であるかどうかです。

 

マニアックなキーワードとは、

文字通りキーワードがマニアックであるかどうか示します。

 

例えば・・・・

 

マニアックなキーワードの事例「ウルトラマン」

 

僕は幼少の頃からウルトラマンが好きですが、

「ウルトラマン」というキーワードは超メジャーです。

 

グーグルの検索エンジンで調べればわかりますが、

このようなキーワードで記事を書いても上位表示は殆ど不可能です。

 

ですが、このウルトラマンの動きをやっている人、

つまり、スーツアクター(ウルトラマンの中の人)は、

古谷敏さんという人のなのですが、

この古谷敏さんのいうキーワードのレベルになるとマニア度は上がります。

 

なので、先ほどの「ウルトラマン」単体よりも、

「ウルトラマン 古谷敏」と言ったキーワードの方が、

まだ上位表示できる可能性は上がります。

 

ただ、この古谷敏さんは本を出版していることからも、

マニア以外での認知度は高く、

グーグル検索エンジンを見ても上位表示を取るのは難しい領域です。

(上位表示にoriconとかプロダクションの公式とかありますし)

 

また「ウルトラマン 古谷敏」は、

まだマニアックとは言えない領域です。

 

では、どこがマニアックの領域かと言えば、

「ウルトラマン」ではなく「ウルトラセブン」のスーツアクターで、

上西弘次さんというのですが、

この「上西弘次」のレベルになるとマニアックと言える段階になります。

 

この言葉になると、

一般人は99%知りえない人物になりますし、

特撮好きでもコアな領域に差し掛からないとわからない領域ですから。

 

しかし、このような領域のマニアックなキーワードでありながら、

実は「上西弘次」のGoogleの検索ボリュームは月140もあるのです。

 

 

「なんだ、140しかないのか・・・」と思ったあなた。

そのような考えは非常にもったいないです。

 

この「上西弘次」で、

実際にググってみるとわかりますが、

 

しっかりしたコンテンツがネット上にほぼ皆無の状態で、

ちゃんと体系化した記事を書けば、

大いに上位表示することは可能であります。

(2019年4月の段階においてですが)

 

ですから、実際に一度、

しっかりと上位表示さえしてしまえば、

 

マニアックなキーワードであることからも、

ほぼライバルなど現れなく、

長期的に上位表示ができるのです。

 

つまり、今回の記事で言えば、

一度「上西弘次」で上位表示をしてしまえば、

 

長期間ブログ放置をしていても、

「上西弘次」のキーワードで上位表示し続けて、

少ないかもしれませんがしっかりとアクセスが集まり続けるのです。

 

つまり、マニアックなキーワードは、

ブログを放置していても、

アクセスが長期的に集めることができるのです。

 

この二つのキーワードを組み合わせると最強!

というわけで、ここまで

成約率の高い&長期的に上位表示できるキーワードの意味を解説してきました。

 

ここまで記事をしっかり読んできた方は、

この両者の要素を合わせることが、

物凄いメリットのあることだと良くわかったかなと。

 

だって、成約率が高いキーワードで、

何もしなくとも上位表示し続ければ、

 

結果的に、長期でブログを放置していても、

しっかりと稼ぎ続けることができますから。

 

さらに言えば、

ライバルが現れない領域で勝負するので、

SEO対策とも最低限の知識量で大丈夫です。

 

(以下の記事で載っているレベルで平気くらい)

アフィリエイト初心者専用SEO(集客)入門 !コレだけ読めばok!月100万円以上を稼ぎ始めるための基礎

 

で、今回は前の記事で述べたように、

この二つのキーワードを合わせた具体例を話して行こうと思ったのですが、

 

ココまで結構な文章量になってしまったので、

大変申し訳ないのですが、

次回にしっかりと具体例を語っていきたいと思います。

 

今回の記事を楽しみに待っていた方はスミマセン。。。

 

ただ、正直、今回のキーワードの要素を自身でしっかりと理解できれば、

自身でも長期でブログを放置していても、

ちゃんと稼ぎ続けるキーワードを見つけられます。

 

ですから、次回の具体例を見る前に、

ご自身でもどのようなキーワードを選べば、

放置しても稼げるブログを作れるのかを、

しっかりと考えてみていただけたらと。

 

それでは、今回はこの辺で失礼します。

次回こそはしっかりと具体例を述べていきますよ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は現在パソコンに1秒も触らず月200万円の利益が出ています。
・・・と、言ってもクソ怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「これ絶対詐欺的なやつだろwww誰が騙されるんだよwww」
とか思っていること間違いないですねw

けど、これは紛れもない真実なのです。

僕は失読症や対人恐怖症などのコンプレックスの塊で、
社会にうまく馴染めずに自殺も正直考えたこともありました。

けど、ビジネスを実践したことがきっかけで、
現在は自信もお金を持てるようになり、
本当に生きてて良かったと思えるようになりました。

この経験からも今がどんなに大変で苦しい人でも、
過去の僕のようにビジネスを通して人は変われると僕は確信しております。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程は以下の記事からどうぞ。

山崎がビジネスで月200万稼げるように変化した秘密

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>マンガの詳細はコチラをクリック<<