勉強会で参加者のサイトを見て思わず「売れないな、コレ」と思ってしまった理由とは・・・

新型iPhoneも当たる!年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

こんにちは、山崎です。

 

先日、僕の教材の購入者限定の勉強会を開催しました。

 

そこで「勿体無いなー」と、

思わず感じてしまったことがありますので、

今回はそのことについてシェアしていきます。

 

ネットビジネスで成果が中々出ない方は、

勉強になると思いますので、

ぜひ最後まで読んでいただければと。

 

勉強会参加者のサイトは悪くないけど稼げない。その理由は・・・

 

今回、勉強会の参加者の方に

事前に作成しているサイトを実際に見せてもらったのですが・・・

 

殆どの人の作っているサイトは、

極端に悪くはないのです。

 

それなりに集客の記事が書けていますし、

それなりにレビューの記事も、

セールスの要素を入れて書けている。

 

そして、アクセスも1日50アクセス前後が来ると、

以前書いた記事のように、

 

僅か30アクセス!少ないアクセスで僕のコンサル生が成果を出せる理由。大事なのは数じゃなく質。

 

月5万は稼げるレベルのアクセスは集まっております。

 

けど、残念ながら、

商品がさっぱり売れていかないのです。

 

何故、売れていかないのか?

 

その理由はわかりやすく、

読める文章にはなっているのですが、

人の心を動かす文章になっていないからです。

 

確かに勉強会の参加者が提示してくれたサイトの文章は、

読みすやすく、意味が理解できる文章にはなっています。

 

しかし、ターゲットに対して、

自分に興味を抱かせたり、

購買意欲を掻き立たせる文章になっていないのです。

 

けど、逆に言えば、

文章がそれなりに書けているのですから、

 

あとは人を動かす要素さえ入れれば、

商品が売れるサイトに変化していくことができるというわけです。

 

さらに言えば、

人を動かす文章は意外と少しの手間を加えるだけで、

変化させることもできます。

 

少しの手間加えるだけで人を動かす文章に変化できる事例

 

例えば、

参加者の方でダイエットのブログを作っていた方がいたのですが、

 

その方のブログのタイトルが

「太っていてダメダメだった私がサプリで10キロ減量に成功して人生が激変した物語」

みたいなタイトルだったのです。

 

悪くはないタイトルだと思います。

しかし、良いタイトルだとは思えません。

 

理由としては、

このようなタイトルのサイトは、

最近ではすごく増えましたし、

 

このサイトタイトルを見た時に、

「このサイトをもっと読みたくなるか?」

と問われた時にあまり読みたくなるとは思えないからです。

 

タイトルを見た時だけでも

少しでも「見たい!」または「気になるぞ!」

と、相手に思わせるべきなのです。

 

では、具体的にどうすれば良いのかと言えば、

一つの手段として「ターゲットを絞る」という方法があります。

 

もしサイト運営者が20代であれば、

「太っていてダメダメだった私がサプリで10キロ減量に成功して人生が激変した物語」

ではなく、

「20代で太っていてダメダメだった私がサプリで10キロ減量に成功して人生が激変した物語」

というようにするのです。

 

このようなタイトルにすると、

20代の方がこのサイトを見た時に、

当事者意識が強くなることから、

 

集客の記事やプロフィールなどを読まれる可能性は、

前者のよりも強くなります。

 

また巷のダイエットサイトには、

あまり年齢層を絞って作っているサイトが少ないことから、

このように絞ることによって、

周りのサイトよりも目立つようにもなります。

 

やることはタイトルに「20代で」と入れるだけ。

 

これだけでも少なくとも、

元のタイトルよりはグンと良くなります。

 

また、その他にも勉強会の参加者の、

レビューページを見た時に、

 

痩せた時のメリットやベネフィット、

また太っている時の恐怖が書いてあったりと、

 

セールスの基本はできているのですが、

それらを「繰り返し」伝えていない人が多かったのです。

 

コレも非常に勿体無い。

 

基本的にネットコンテンツは、

シツコイくらいに繰り返さないと、

相手の頭の中には残りません。

 

考えてみると当たり前で、

今や皆スマホを持っており、

そのスマホから1日に膨大な情報を入手しているわけです。

 

ですから、自分のコンテンツに触れる機会があったとしても、

自分のサイトを通して伝えたことが、

相手の中で残らないことが多いのです。

 

そりゃ当たり前で、

1日に膨大な量の情報に触れていますから、

中々記憶に残らないのです。

 

だからこそ、繰り返し伝えていく。

 

そうすることによって、

繰り返した言葉や文章が、

相手の頭に残るようになるのです。

 

そして、その繰り返すことが、

べネフィットやメリットまたは恐怖であれば、

コレらは人を動かす要素であることから、

相手を自分の思い通りに動かすことに繋がるのです。

 

つまり、相手に商品を購入させることができる確率が、

同じ言葉を「繰り返すだけ」で上げることが可能と言うことです。

 

やることは繰り返すだけ。

高度なセールスのテクニックなんて必要ありません。

 

めちゃくちゃ楽ですよね。

 

・・・このようなことからも、

上記の例のように、

 

今の文章に少しの手間加えるだけで、

一気に人を動かす文章に変化させることができるのです。

 

しかし、勉強会の参加者は、

その少しの手間ができていないだけに、

売れない文章になっていたことから、

「勿体無い」と僕は感じたのです。

 

どうやって人を動かす文章は習得すれば良いのか?

 

恐らく、上記のような例を見て、

「もっと少しの手間でカンタンに人を動かす要素を知りたい!」

と思っている方もいるかも知れません。

 

で、そんな方に何をお勧めするかと言えば、

本音を言えば、心理学や行動経済学の勉強です。

 

しかし、このような分野を、

勉強することは難しかったり、

心理学や行動経済学の本を読むのに、

ハードルを感じてしまう人もいることでしょう。

 

なので、そのように感じてしまう人に、

僕がお勧めする勉強法としては

「漫画でわかるシリーズ」の本を読んで学ぶことです。

 

例えば、このような本。

 

コレであれば、漫画で書いてあることからも、

難しさやハードルはかなり軽減されており、

ビジネスになれていない人でもラクに読むことができます。

 

そして、このような本で基礎知識を得た後に、

以下の記事で紹介してあるよな、

心理学や行動経済学の本を読んでいくという感じです。

 

ネットビジネスやアフィリエイトを実践するにあたっての山崎のオススメの本!

 

このような順序で読むと、

一度、「漫画でわかる」の本で、

基礎知識を得ていることからも、

スラスラと理解して読むことができるのです。

 

そして、先程の例で出したように、

少しの手間で商品を購入する文章が、

あなたも書けるようになるわけです。

 

また、文章だけでなく、

タイトル付とかも人を動かす力が身につけば上手くなるので、

youtubeやTwitterなどのSNSでも役に立つことでしょう。

 

つまり、ネットビジネスを実践していくなら、

必ずと言っていいほど役立ちます。

 

是非ともネットビジネスで、

成果に伸び悩んでいたり、燻っている方は、

学ぶことをお勧めします。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は現在パソコンに1秒も触らず月200万円の利益が出ています。
・・・と、言ってもクソ怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「これ絶対詐欺的なやつだろwww誰が騙されるんだよwww」
とか思っていること間違いないですねw

けど、これは紛れもない真実なのです。

僕は失読症や対人恐怖症などのコンプレックスの塊で、
社会にうまく馴染めずに自殺も正直考えたこともありました。

けど、ビジネスを実践したことがきっかけで、
現在は自信もお金を持てるようになり、
本当に生きてて良かったと思えるようになりました。

この経験からも今がどんなに大変で苦しい人でも、
過去の僕のようにビジネスを通して人は変われると僕は確信しております。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程は以下の記事からどうぞ。

山崎がビジネスで月200万稼げるように変化した秘密

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>マンガの詳細はコチラをクリック<<