電車に乗ってる時間がビジネスのプロから0円で学べる時間になった勉強法とは?

新型iPhoneも当たる!年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

こんにちは、山崎です。

 

今回はタイトルの通り、

電車に乗ってる時間がビジネスのプロから0円で学べる時間になった勉強法

についてシェアしていきたいと思います。

 

このビジネスの勉強法は僕がインターネットビジネスで、

月50万以上稼げるようになるまで超お世話になった勉強法です。

 

いやー、この勉強法にはマジで助けられました。

 

この勉強法をもし知らなかったら、

月50万稼ぐどころか月1万円も稼ぐことができずに

「やっぱ俺にはビジネスで稼ぐことは無理だったか。。。」

と、インターネットビジネスを辞めていたかもしれません。

 

そう思うと、その時にインターネットビジネスを辞めていたら、

今のような自由で毎日好きなことができて、

金銭的も全く困らない生活になっていなかったと思います。

 

正直、それを想像するとゾッとしますね・・・・・

 

というわけで、ここからは過去に稼げなかった僕が

月50万以上稼げるようになるまでに超お世話になった勉強法

について、これから述べていきたいと思います。

 

電車に乗ってる時間がビジネスのプロから0円で学べる時間になった勉強法

 

そもそもビジネスを始める前の昔の僕は電車に乗っている時、

スマホで芸能やスポーツのニュースを見たり、

何となくスマホゲームを暇つぶしでやるという、

目的地に着くまで非常に退屈な時間でした。

 

「うわー今日も電車混んでるし。座れなくて最悪。。。

早く目的地につかねーかなー、だりーな。」

等、とにかく電車に乗る度に愚痴をこぼしていた気がします(苦笑)

 

しかし、今回の記事で書いていくビジネスの勉強法を知った時、

僕にとって電車に乗っている時間は、

「プロから0円でビジネスを学べる最高の時間」

に変わりました。

 

なぜ、僕が電車に乗っている時間が、

プロから0円でビジネスを学べる時間に変わったのかといいますと・・・・

 

電車内の広告を見るようになったからです。

 

「え?なんで電車内の広告を見るだけで変わったの???」

と、思う方もいるかもしれませんね。

 

実は電車内の広告って、各会社の広告宣伝のプロ達が、

鉄道会社にめっちゃ広告費(お金)を支払った末に、

電車内に掲載されているものなのですよ。

 

ですから、もし誰も見ないような広告なんて作ろうものなら、

その会社は広告を出すことで利益が出るどころか、

クソ赤字になってしまうのです。

 

要は

社員A「社長!今広告を電車に出していますが、我が社のサービスは全く売れなくて広告費すら回収できていません!!!」

社長「何ぃ!!!!うちの会社もうオワタ\(^o^)/」

と、このような状態になってしまうのです。

 

なので、上記のような赤字の状態を絶対避ける為、

電車内に掲載されている広告は、

各会社の広告宣伝のプロたちが研究に研究を重ねた末に出来上がった、

血と汗と涙の結晶になっているのです。

 

だからこそ、電車内の広告をよーく見て分析していけば、

広告宣伝のプロ達から学んでいるのと同じ効果を得られるという訳です。

 

ですから、僕は

「電車に乗っている時間はプロから0円でビジネスを学べる最高の時間」

と、主張したのです。

 

・・・・と、言っても、

これだけの説明だとわかりづらいと思いますので、

実際に広告の具体的をだしていきましょう。

 

実際に学びになった電車広告

 

例えば、僕が最近電車の広告を見て、

かなりの学びになった広告はこちら

ちょっと画像に光が反射しちゃって見づらくなってしまいましたが、

「英語の会議では、わかってなくても、とりあえず全力でうなずく」

というキャッチコピーが書いてある「ベルリッツ」という『英会話』の広告です。

 

なぜ、これが僕の学びになったのかといえば、

 

実際に英語で会議を行っている人達にとっては、

非常に「あるあるネタ」が入っている、

いわゆる「共感」のフレーズがばっちり入っていて、

このベルリッツという会社はしっかり稼いでいるなと感じたからです。

 

具体的に言えば、

A太郎「うわー、今日英語の会議じゃん。クソだりーわ。

理解できねーんだよな、あれ。とりあえず全力で頷いとけば平気だろ。」

と、このような思いを抱えていたA太郎がこの広告を見た時に

 

A太郎「これ、俺のことじゃねーかよ。。。」

と、思わず「共感」を得ることから、

この広告に注目してしまう訳です。

 

そして、広告を見たA太郎は

A太郎「あー、英会話か・・・・

確かに英語で何言っているか意味不明なのに、

このまま会議で全力で頷いてるだけじゃヤバいもんな。

ちょっとベルリッツのホームページでも見てみるかな。」

と、ベルリッツのホームページ見て興味を持ち、

実際にレッスンを申し込むというわけです。

 

で、世の中にはA太郎のような人が一定数いることから、

結果的にベルリッツは電車内に広告を出して儲かっているということです。

 

こちらの記事で書いたように

共感は人に好意や親近感を抱かせることができるので、

ビジネスでも非常に強烈な要素ですからね。

 

ちなみに、これをインターネットビジネスで活かすとすると、

このような共感を使ったキャッチコピーを、

ブログやメルマガやyoutubeのタイトル等に入れれば

非常に注目されるものとなります。

(サムネイルに入れるのもありですね。)

 

例えば、

ダイエットのサプリを売っているのであれば

「つい『明日から』と思って、ついついお菓子を口に入れてしまうあなたへ」

というタイトルにしてみれば、

このような経験をしたことある人は

「わかる!わかる!『明日からダイエットすればいいや』と思って、つい食べちゃうよね〜」

と、思ってこの記事を見てくれたり、

 

他にも、ウォーターサーバーを売りたい人であれば

「ミネラルウォーターってどれも同じだと思っているあなたへ。

というタイトルを入れたりすれば

「え?ミネラルウォーターって同じじゃないの?なんか違うの???」

と、記事の内容が気になって、

しっかり相手が記事を見るように仕向けることができるのです。

 

ですから、こんな感じで電車の広告を見て、

「この広告は共感で顧客の注目を引こうとしているのかな???」

というような思考をしていけば、

プロからビジネスのテクニックを学べてしまうという訳です。

 

また、この他にも、

季節ごとに電車広告の種類が変わる傾向があることから、

このことに注目するのもビジネスの勉強になりますね。

 

例えば、現在(3月上旬)で言えば、

来月から新生活・学期が始まることから賃貸物件の広告や、

携帯電話の新規加入プランの広告が多くなっています。

 

で、基本的に広告は出稿することにより、

もっと儲かることが出来るからこそ、

広告を出稿しているので、

 

この事実さえわかればインターネットビジネスで言うと、

賃貸物件や携帯電話の新規加入プランのアフィリエイト案件を世に出せば、

成約がとてもしやすくなるという指標になるのです。

 

実際に僕はtwitterを使ったアフィリエイトをやっていた時、

夏場で電車の中に大量に脱毛の広告があったことから、

twitterにて脱毛のアフィリエイト案件を流してみたところ、

たった1つの脱毛のアフィリエイト案件だけで月20万稼げたことがありましたらね。

 

さらにこの他にも、

電車内の広告のターゲットに注目してみると、

電車をよく使う層であるサラリーマンや学生に向けた広告が

むちゃくちゃ多いことがわかります。

 

具体的に言うと、

サラリーマン向けのビジネス本、転職、お酒

英会話、予備校や大学等の広告ですね。

 

なぜ、電車内にサラリーマンや学生に向けた広告を出しているのかは、

当たり前かもしれませんが、

主に電車の利用する層がサラリーマンや学生が多いことから、

電車内の広告もそれらのターゲットに合わせて広告を出しているのです。

 

例えば、もし主婦向けの広告出すのであれば、

電車よりもワイドショーとかやってるテレビの時間帯で、

テレビCMとして広告を出した方が反応ありますからね。

 

お昼番組のCMとか注目してみると、

本当に主婦向けの広告とか多いですからね。

 

そして、このようなことが予測できると、

さらに主婦は家にいることが多いと予想できるので、

主婦が興味あるようなアフィリエイト案件である、

ダイエット、美容、子育てなどのジャンルは、

儲かりやすいと言うことがわかったりするのです。

 

・・・・・このようなことからも、

過去の僕にとって非常に退屈だった電車内の時間は、

電車の広告を共感などの様々な視点で見ることによって、

広告宣伝のプロから0円で学べる時間と変わっていきました。

 

そして、過去の僕はこの勉強法を電車に乗るたびに実践して、

注目をされるキャッチコピーの肝をつかみ、

当時流行っていたtwitterアフィリエイトで、

月50万以上をめでたく達成できたという訳です。

(このエピソードについては、こちらの記事に書いてあります。)

 

ちなみに、僕は月50万を達成した後も、

ドンドンとキャッチコピーの精度を高めるべく、

電車に乗るたびに毎回これを実践しております。

 

また、今回は電車内の広告で勉強する具体例として、

「共感という視点」を持っていることによって、

学べることについて話しましたが、

 

共感以外にも様々なビジネスの原理原則の視点をもつことによって、

めちゃくちゃ勉強することができます。

 

そのビジネスの原理原則の視点を身につける為には、

当たり前ですがビジネスの原理原則の勉強が必要なのですが、

とりあえず、この本に書いてる要素を身につければ、

複数の視点を習得できます。

 

ちなみに実際に僕は、

様々なビジネスの原理原則の視点手入れてから、

以前よりも増して、

電車内が広告宣伝のプロから0円で学べる時間になっております。

 

この勉強法は電車内にいて広告を見るだけで、

プロから学べるという質の高い勉強ができちゃう訳ですから、

移動時間を無駄にせずに有効的に使えることからコスパいいですし、

正直、この勉強法が家で机に向かってしっかりとビジネスの勉強するよりも、

非常に気軽にビジネスの勉強できるのが最高です。

 

机に向かっても10分後にはスマホで2◯ゃんねるを見てしまう、

集中力のなさすぎた過去の僕でもしっかりできましたからね(苦笑)

 

というわけで、今日もこれから都内に電車で移動なので、

めっちゃ広告のプロから学んでビジネスの実力をあげていこうと思います。

 

それでは、山崎でした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は現在パソコンに1秒も触らず月200万円の利益が出ています。
・・・と、言ってもクソ怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「これ絶対詐欺的なやつだろwww誰が騙されるんだよwww」
とか思っていること間違いないですねw

けど、これは紛れもない真実なのです。

僕は失読症や対人恐怖症などのコンプレックスの塊で、
社会にうまく馴染めずに自殺も正直考えたこともありました。

けど、ビジネスを実践したことがきっかけで、
現在は自信もお金を持てるようになり、
本当に生きてて良かったと思えるようになりました。

この経験からも今がどんなに大変で苦しい人でも、
過去の僕のようにビジネスを通して人は変われると僕は確信しております。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程は以下の記事からどうぞ。

山崎がビジネスで月200万稼げるように変化した秘密

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>マンガの詳細はコチラをクリック<<


2 件のコメント

  • 私もこの広告を目撃しました(笑)

    英語の会議に参加したことがなくても
    目を引く広告でした。

    もしかすると、特に英語に関心の無かった人でも、
    何となく英語に興味を持って
    この会社を利用するかもしれませんね(^_^)

  • 既に出来てある完成品の広告を見て勉強する。
    この視点は非常に勉強になりました。

    以前から広告を見て勉強するのは非常に大事!と感じていましたが
    そこまで大事とは思っていませんでした。

    日常の全てが学びになる、そのような視点を手に入れることが大事と感じました。

    電車内の広告ですが、属性と人間を理解しろ!
    疑問に思ったら深掘りしろ!

    そのような事が重要と感じました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください