ネットビジネスでも儲かりたいのであれば女と口を狙え!?

こんにちは、山崎です。

 

前回「ユダヤの商法」について記事を書いたのですが、

前振りが長すぎてしまって、

 

記事の内容に「ユダヤの商法」についてのことが殆ど書けなかったので、

改めて今回はしっかり書いていきたいと思います。

 

それでは、早速いきましょう。

 

※前回の記事を読んでいない方は、まずはコチラの記事からお読みください^^

 

 

ビジネスで儲かりたいなら女を狙え

lala_426720140921153047500-thumb-1200x800-5752

 

「ユダヤ商法に商品は二つしかない。それは女と口である。」

 

この言葉は「ユダヤの商法」の著者である藤田田さんが、

ユダヤの商人に何度も何度も言われた言葉であり、

 

ユダヤの商人が言うには

「ユダヤ商法五千年の公理」であり「公理であるから証明は不要」

みたいです。

 

「ユダヤの商人はただ説明するのが面倒くさいだけじゃないのか・・・・」

っと、少し思ったのは僕だけではないはず(笑)

 

そして、このユダヤ人の「ユダヤ商法五千年の公理」

藤田田さんはしっかりと理論立てて、

 

その一つの商品である「女」について

 

「ユダヤ五千年の歴史の中で、男は外で働きに出てお金を稼ぐ存在であり、女はそのお金で生活を成り立たせている。商法と言うのは人から金を巻き上げることであるから、そのお金を持っている『女』を攻撃し、『女』の持っているお金を奪え。これがユダヤの公理の金言だ。」

引用元 ベストセラーズ出版 1972/5 藤田 田 (著) ユダヤの商法

 

と、このように説明しています。

 

 

これを読んだ時に僕は「藤田田&ユダヤの商人、恐るべし」だと思いました。

 

 

なぜなら、このご時世でも多くの家庭のお財布事情は

母親(女)が握っており、父親(男)はお金を使う決定権を持っていないことから

この「ユダヤ商法五千年の公理」は、現在も有効的に使えるからです。

 

ちなみに藤田田さんは、ユダヤ人をリスペクトしていることから

しっかりとこの「ユダヤ商法五千年の公理」をしっかり守って、

 

高級ドレス、指輪、ハンドバック、ネックレス等で利益を爆発的に上げたのです。

 

また、今はネットビジネス界から姿を消しまった

24歳で資産10億円を稼ぎ出したN野さんですが、

 

大手化粧メーカーと同等の品質を持った化粧品を扱って

ボロ儲けしていたこともあったそうです。

 

またまた「お金がない、お金がない」とか言いつつも

ブランド品の物を持っている以外に女性って多くないですか?(笑)

 

これらのことからも、「ユダヤ商法五千年の公理」の一つである

「女の狙え」

は現代でも通用することがわかりますね。

 

そして・・・・・・

 

ビジネスで儲かりたいなら口を狙え

o065004321016739_650

 

ユダヤの商人の二つ目が「口」です。

 

これはどういうことかと言えば

「口に入れるものを取り扱う商売」

と言う意味です。

 

例えば

 

ラーメン屋、居酒屋、ファミレス、ファストフード、酒屋、お米屋、八百屋、キャバクラ、バー、クラブなど

 

このように口の中に入ってくるのを商売にすれば、

必ずお金が入ってきて儲かる。

 

と「ユダヤ商法五千年の公理」では言っているのです。

 

これに対して、藤田田さんは

 

「口に入れるものを商売として扱って儲かるのは、科学的にも証明できる。なぜなら、人の口に入ってきたものは必ず消化されて便となって、再度求めるからだ。つまり口に入れた『商品』は時間と共に『消費』され、また新たな商品を人は求める。そして、これには平日も休日も関係なくだ。こんな商品は他には存在しない、だから儲かる」

引用元 ベストセラーズ出版 1972/5 藤田 田 (著) ユダヤの商法 

 

と、こんな風に説明しています。

 

これまた、ごもっともな意見ですよね。

 

人間は死ぬまで食べ続けるわけですから、

口に入ってくるものの選択肢は多いですが、需要は必ずありますからね。

 

実際に僕はアフィリエイト始めた最初ぐらい(2年半ぐらい前)に

牛肉に関する無料ブログを作って、適当に10記事ほど書いてずっーと放置しているのですが、

 

未だに一ヶ月に一度ぐらいはそのサイトに貼ってある

肉屋の物販広告から商品が売れてアフィリ報酬が入ってきています。

 

スクリーンショット 2015-01-27 10.20.13

※証拠画像

 

当時、量産してそのようなサイトを作っていたのですが、

未だにアフィリ報酬をあげてくれているのはこのサイトだけです。

 

このことからも口に入ってくるものは、

必ず需要があって売れやすいことがわかりますね。

 

 

この「ユダヤ商法五千年の公理」を生かすには

 

と言うことで、

今回は「ユダヤ商法五千年の公理」である

 

「ユダヤ商法に商品は二つである女と口」

 

について語ってきましたが、いかがだったでしょうか?

 

ちなみにこの二つのうちに圧倒的に儲かりやすいのは

「女」であり、次点で「口」と書いてありました。

 

そりゃそうですよね。

 

先ほども言いましたが、お金を管理しているのは「女」であることから

そのお金を持っている「女」を狙ったほうが良いですものね。

 

あ、あとですね。

「お金を管理しているのは女っていうけど・・・それ独身の男は関係ないじゃん!」

と言う人もいるかもしれませんが、

 

なんだかんだ独身の男の多くが、女の子にプレゼントを買ったり、奢ったり、

またキャバクラや風俗に行ったりと、男は女にお金を落としやすい傾向があるので、

 

やはり「女」が商売を鍵を握っていることから

女を狙うのが良いのです。

 

自分の為にプレゼントで高価なものを買わない人も

好きな女の子のためになら高価なもの買う人とか多いですからね。

 

 

 

・・・・・と言うわけで、前回から引き続き「ユダヤの商法」から学んだ、

現代でも使えるビジネステクニックについて述べてきました。

 

いかがだったでしょうか?

 

他にも僕はいろいろな本をガチで稼いでいる人に

紹介されては読んでいるのでこれから色々とシェアしていきたいと思います。

 

今回の記事でわからないところやもっと聞きたいことがありましたら

是非、遠慮なく相談してくださいね^^

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

お問い合わせはこちらから

 

それでは今回はこの辺で失礼します。

 

山崎でした。

 

今回の記事は

 

参加者5000人越えの顔出し・声だし不要のyoutube講座

silentyoutube


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>豪華特典の詳細はコチラをクリック<<

One Response to “ネットビジネスでも儲かりたいのであれば女と口を狙え!?”

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ