【ガチでヤバイヨ】日本にamazon echoが発売されることによって死んでいくビジネスとは?

新型iPhoneも当たる!年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

こんにちは、先月の週末に勉強会を終えた後、

15年ぶりぐらいにインフルエンザに罹り、数日寝込んでいた山崎です。

 

 

年末年始関係なく勉強し続けたり。

起業家の人と3泊4日の深夜に及ぶ北陸強化合宿に行ったり。

免許更新に行ったり

自分のコミュニティ勉強会を開いたりなど。

 

何かと予定と詰め込んだ日々を送っていたので体にガタが来たのかもしれません。。。

 

 

で、インフルエンザと分かってからお医者さんからは

「インフルエンザなので熱が下がっても、

5日間は仕事に復帰しないようにしてください。

ウィルスが体に残っているので周りに感染させてしまうので」

と言われたのですが、

 

この仕事は家にいながら出来る仕事です。

通勤0分ですw

 

なので、熱が下がって多少落ち着いてからは、

事務所兼自宅でインフルエンザとか関係なく普通に仕事をしています。

(そもそも従業員は僕しかいないので人に移す心配も0です)

 

 

こういう時に、この仕事で本当良かったなと感じますね〜

 

 

一人で何処でも出来る仕事なので、

医者の忠告なんて僕にとっては微塵も関係ないです。

 

また

「関節いてーし、頭いてーし、もうツライ。。インフルとかマジで死ぬわ。。。」

と、僕が身体的にも精神的にも参っている状態でも、

毎日10万以上の売り上げが出ている。

 

ですから、こういう身体的にも精神的にもヤバイ時に、

何も不安を抱えずに体の回復に努めることができるので、

諦めずに続けて稼げるようになって良かったと心から感じます。

 

過去の自分には反省することやダメ出しが多いですが、

「過去の自分、諦めずに良く頑張った!!」

と、この点に関しては褒めてあげたいですね。

 

 

病み上がり時のネットサーフィンで出会ったamazon echo

 

そんなインフルエンザになって数日寝込んでいた僕ですが、

体調が良くなるにつれて、寝ているのも暇だったので、

 

何やら楽しそうかつ面白そうなことはないかなと

ベットにてスマホでネットサーフィンをしていたところ

以下のような「モノ」に出会いました。

 

それがコチラ

アメリカで爆発的人気のスピーカー型エージェント「Amazon Echo」です。

 

 

この「Amazon Echo」は既にアメリカでは発売されていたのですが、

日本でも年内に発売になる可能性が高いということでした。

 

で、気なる「Amazon Echo」の機能は、

動画を見ればわかるかと思います。

 

ニュース・Kindle書籍の読み上げは朝飯前で、

スポーツのスコアや天気情報、

話しかけるだけで様々な情報を音声で提供してくれるのです。

 

またさらにアマゾンの注文履歴から再注文を頼んだり、

自家用車のエンジンをかけたり、ピザを頼んだり、

Uberを呼んだりすることも可能だということ。

 

 

・・・・・これ、マジヤバくないっすか?

 

 

あ、ちなみにこの僕「マジやばくないっすか?」は、

Amazon Echoの機能が凄いことからヤバいと言っている意味ありません。

そう思ってしまった方はご注意くださいね。

 

 

僕がマジヤバいと言ったのは、

「Amazon Echoが出来たことによる既存のビジネスへの影響」

のことです。

 

 

スマホ全盛時代に終止符を打つ可能性を持つAmazon Echo

 

7970033ea775f539b2e470af8646111c_s-600x428

 

 

なぜ、Amazon Echoが日本で発売されることによって、

既存のビジネスへの影響が関係あるの?

 

と思った方もいるかと思いますので、

ここから具体的に説明していきましょう^^

 

まず、Amazon Echoに質問をすることによって、

ニュース・Kindle書籍の読み上げは朝飯前で、

スポーツのスコアや天気情報まで対応。

 

さらに話しかけるだけで様々な情報を音声で提供してくれたり、

またアマゾンの注文履歴から再注文を頼んだり、

ピザを頼んだり、Uberを呼んだりすることも可能になります。

 

ですから、僕(私)たちの今までの生活よりも便利になりますよね?

 

だって、今までは新聞やテレビなどで確認しなきゃいけないことや、

スマホやパソコンを操作してやっていたことが、

もうAmazon Echoに話しかけるだけでいいのですからね。

 

ピザ食いたいデブ「おい、ピザ食いてーからピ○ハットで1番人気のピザ頼む!」

Amazon Echo「かしこまりました。ピ○ハットで1番人気のピザは〜」

 

ピザの宅配のにーちゃんが家までピザ運んで来てくれるとか、

 

 

家電製品の掃除機がブッ壊れた時に、

 

掃除機買いたいマダム「おすすめの掃除機を紹介して欲しいザマス」

Amazon Echo「今のおすすめの掃除機は〜」

 

と、このような対応をしてくれたら、

「おい、Amazon Echoとか、どんだけ今までより便利なんだよ」

って話ですものね。

(恐らく、僕の例の掃除機レベルまでは今は対応していないと思いますが、

今の科学技術でしたら5年~10年以内にはそのレベルまで上げてくることが容易の想像出来ます)

 

 

だからこそ、Amazon Echoが来れば、

新聞やテレビやスマホやパソコンが今までよりも確実に不要になるんですよね。

 

 

・・・・・そう、そうなんですよ。

新聞やテレビやスマホやパソコンが今までよりも不要になるのです。

 

 

少し思い出して欲しいのですが、

かつてメディアの中心を占めていた新聞やテレビは、

情報の取得が便利なスマホやパソコンで使える「ネット」に主力を取られましたよね?

 

 

なぜなら、いつでもどこでも気軽に情報を得れて、

メディアの情報操作が少ないスマホやパソコンで使える「ネット」の方が、

圧倒的に便利かつ優れたものだったからです。

 

その結果、新聞やテレビはみるみるうちに衰退してきました。

 

新聞やテレビのスポンサーである会社が、

人がスマホやパソコンと言うネットに流れていく。

新聞の広告欄やテレビCMをすることから撤退していく。

 

わかりやすく言うと

 

スポンサー「費用対効果の薄いところでお金使うの無駄!さよなら!!!」

新聞・テレビ「そんな殺生な・・・orz」

 

みたいな感じですかね。

 

効果の薄いところに広告費をかけるほどスポンサーは馬鹿じゃありませんからね。

 

その結果、新聞やテレビはスポンサーが激減してしまい、

今苦しい状況に立たされているというわけです。

(テレビ番組の制作費が厳しくなったとかこれが理由の一つです)

 

で、その代わりに恩恵の受けたのが

スマホやパソコンで使える「ネット」です。

 

特に今は言わずもがなパソコンよりも、

便利な「スマホ」が主流なことはよくわかると思います。

 

僕の物販アフィリエイトもスマホ経由で、

商品を購入する人がむちゃくちゃ多いですからね。

 

パソコンだとネットが使える環境を探さないといけないし、

さらにパソコンを立ち上げる必要があります。

 

 

そう考えるといつでもどこでも操作できる、

スマホの方が購入までのハードが鬼低いですからね。

 

 

そりゃ色々と面倒臭いパソコンから楽なスマホに流れるのも無理はありません。

 

 

そもそも色々と面倒臭いものから、

より楽な方に行くのは人間の性質ですからね。

 

 

 

で、ここからが今回一番重要な話です。

 

 

色々と面倒臭いものからより楽な方に行くのは人間の性質でしたら、

面倒くさいスマホ操作なく色々な情報が得れたり、

欲しいものが注文できる「Amazon Echo」がどうでしょうか?

 

 

・・・・・人間の性質上、これは間違いなく流行りますよね?

 

 

そして、代わりにこの「Amazon Echo」が流行るということは

かつての新聞やテレビのように、

今度はスマホやパソコンの「ネット」が衰退していくということです。

(大丈夫かと思いますがあくまでも「衰退」ですので、なくなることはありえないと思います)

 

まぁAmazon Echoもネット回線経由なので、

正確に言えば、既存のネットサービスが、

Amazon Echoにシェアを奪われていくということです。

 

 

例えば、ニュースアプリやお天気アプリは衰退していくことでしょう。

だって、もうイチイチ調べる必要性がなくなりますからね。

必要な情報をAmazon Echoに話せば、情報をくれるわけですから。

 

 

そして、ネットビジネスで言えば、

アフィリエイターのランキングサイトも消えるかもしれません。

 

 

なぜなら「今効果が1番あって人気の青汁を教えて!」言えば、

Amazon Echoが教えてくれて、検索の必要の手間なく購入されてしまうので、

ランキングサイトの意味がなくなるからです。

 

 

また、ネットの通販サイトもamazonのショップに登録しないと、

Amazon Echoで認識してくれないシステムとかを組まれると、

○天市場や○ahooショッピングからamazonにショップを移す人が急増しそうですね。

 

そうなると○天市場や○ahooショッピングは衰退していくわけです。

(いくら○天パンダが可愛くてもです)

 

代わりにamazonは手数料を高くしても、

Amazon Echoのおかげで利用者が多いので、

商売人は多少手数料が高くても人が多い方が有利になります。

 

故にamazonに集まる為、ドンドンamazonは儲かっていくいうわけです。

 

またamazonは利用者が増えていけば、

googleアドセンスみたいにamazonアドセンスとか出ても、

もはや何も可笑しくありませんね。

 

 

そうなってくると、今のgoogleのようにamazonは、

もはや広告代理店も始めることでしょう。

 

 

具体的に言えば

上手い肉を食べたい人「美味しいカルビを教えてくれ!!!」

と言った人に

Amazon Echo「美味しいカルビは○○ですね。

だけど××もオススメです(××はamazonに広告費を出して紹介してもらっている商品)」

とか、Amazon Echoが言ってくることが容易に予想できるということです。

 

 

このように既存のビジネスのシェアがamazonに侵食され、

既存のビジネスをつぶしまくって

もはやamazonなしの生活はありえないように、

私たちはなるかもしれないのです。

 

 

だからこそ、冒頭で僕は

 

・・・・・これ、マジやばくないっすか?

 

と言ったのです。

 

 

で、僕(私)たちはどーすりゃいいのさ???

 

shutterstock_189798017

 

 

というわけで、色々と話してきましたが、

現段階ではAmazon Echoはそこまで精度はまだ高くないらしく、

ここ1〜2年で一気に僕が想像したような世の中になる確率は低いことでしょう。

 

 

しかし、、、

 

今の科学技術を持てば5~10年以内に、

僕が予想したようになることがあっても全くおかしい話ではありません。

 

だからこそ、ネットを利用してビジネスをする私たちとしては、

来たるべく時に対して準備をしていかないとヤバいというわけです。

 

テクノロジーが発展すれば既存の雇用はドンドン消えていきますからね。

 

具体的に言えば、

「これ、別に私(僕)でなくても機械でできるんじゃね?」

という仕事をしている人は超危険です。

 

冗談抜きで数年後には消えてもおかしくないですからね。

 

ですから、私たちはAmazon Echoのような脅威なるものが登場した時でも、

需要が尽きないビジネスをしていかないといけないのです。

 

 

「いやいや、そんなの難しすぎて稼ぐことなんて無理だろ!!!」

 

 

と、思う方もいるかもしれませんが、

実は学力が中学生レベルの方でも、

素直に知識さえ得ていけば余裕でビジネスで稼げるものなのですよ。

 

 

でなきゃ、論文と作文の違いが25歳までわからなかった山崎(僕)は、

今存在していないというわけで(笑)

 

 

僕は元々学力が中学生レベルでしたし、

失読症とか持っているので苦戦はしましたけど、

それでも素直に学んでいったら大企業のエリートサラリーマンの平均年収を余裕で超えましたからね。

 

 

特に今の時代はネットがあり、

身分、学歴、職歴関係なく誰でも自由に情報を発信できる世の中ですので、

パソコンとネット環境さえあれば誰でも挑戦できるので希望ありまくりです。

 

 

なので、しっかり勉強すりゃ大丈夫です。余裕です。

 

 

・・・・・と言っても、

まだ不安な方もいるかもしれませんね。

 

 

では、今回はこの時点でだいぶ長くなってしまったので、

次回の記事で「Amazon Echo」のようなものが来ても、

僕が余裕でビジネスで稼げると要素の一つ紹介でもしていきたいと思います。

 

 

それでは、次回をお楽しみに!

 

 

ps.今回の記事の冒頭の方に、

僕が余裕でビジネスで稼げる要素の「答え」を言っている部分があります。

よーく文章を読んでみるとわかる方にはわかるかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は現在パソコンに1秒も触らず月200万円の利益が出ています。
・・・と、言ってもクソ怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「これ絶対詐欺的なやつだろwww誰が騙されるんだよwww」
とか思っていること間違いないですねw

けど、これは紛れもない真実なのです。

僕は失読症や対人恐怖症などのコンプレックスの塊で、
社会にうまく馴染めずに自殺も正直考えたこともありました。

けど、ビジネスを実践したことがきっかけで、
現在は自信もお金を持てるようになり、
本当に生きてて良かったと思えるようになりました。

この経験からも今がどんなに大変で苦しい人でも、
過去の僕のようにビジネスを通して人は変われると僕は確信しております。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程は以下の記事からどうぞ。

山崎がビジネスで月200万稼げるように変化した秘密

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>マンガの詳細はコチラをクリック<<


2 件のコメント

  • こんばんは。
    数年前から今のテクノロジーによって無くなる可能性がある職業云々と話題になってますが
    AIの技術もドンドン進み
    身の回りは利便性を追求していきますよね。
    米国で試験導入してる
    amazon GOも日本に来たら脅威だと思います。
    日本の小売業界はオーバーストアで来てますから。。

  • 時代はどんどん進化していますね。

    もう未来予測なんてアテにならないくらい

    想像以上のことが起こっていきそうです。

    だからこそ、

    自分で稼げるようになっておく必要がありますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.