ミャンマーでの起業が簡単すぎてヤバい。日本だけでなく世界に視野を広げればチャンスは膨大にある。

新型iPhoneも当たる!年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

こんにちは、山崎です。

 

現在、ミャンマーに仕事に来ております。

 

 

今回はミャンマーに訪れるのが2回目なので

初めての時よりも環境にはだいぶ慣れました。

 

なので、道路が車優先でしょっちゅう轢かれそうになることも、

タクシー運転手がクラクション鳴らしまくりの荒い運転をしていても、

接待でナイトクラブに行った時、

女の子が日本人とわかると勝手に隣に座って

「チップくれよ」とせがまれても何も気にしませんw

 

ミャンマーの夜のお店で会った可愛い女の子たちを見て感じた切ない現実。日本に生まれただけで恵まれているわ。。。

(ちなみに前回ミャンマーに行った様子がコチラの記事になります)

 

で、今回はそんなミャンマーにて、

日本とビジネスの難易度で物凄い差を感じたところがありましたので、

そのエピソードを述べていきたいと思います。

 

社員1人で始めた日本語学校が1ヶ月で会員20人突破。

 

今回、僕はミャンマーの本社に、

日本との物流の関係で訪れたのですが、

何やら本社の方で、

新しいプロジェクトも8月から始まっていたのです。

 

そのプロジェクトが、

ミャンマー人で日本語を習いたい人に、

1から日本語を教えるという日本語会話スクール。

 

その担当をする人が、

日本語が話せるミャンマの女性社員で歳は29歳。

 

起業経験は0のごく普通のOLです。

 

そもそも事の始まりは、何やらある日、

「土日に会議室を使っていないなら、

ここで日本語スクールをやりたい!」

彼女が社長に言ってきた事が始まりとか。

 

そして、この発言を受けた社長は

「まぁ自分の仕事に支障が出なければ、

会社は休みだし会議室を好きに使って良いよ。」

ということでokしたとか。

 

ということで、8月の頭から日本語スクールがスタート。

 

まずは値段やコース等を設定して、

ミャンマー人の多くの人が利用している、

facebookのファンページを開設。

 

facebookの個人のアカウントを利用して、

生徒を募ったところ・・・・・

 

何と最初の週でいきなり3人から募集が来たのです。

 

そして、その後も勢いを止めることなく生徒が、

週を追うごとに3人、5人などと次々と増加。

 

すると9月の頭には集客に殆ど力を入れないで、

facebookの集客だけで20人を突破してしまったとか。

 

しかも、facebook広告を全く使わずに。

 

で、現在は生徒が増えてしまったことから、

彼女1人では対応しきれなくなったことからも社長に相談。

 

その結果、今後は先生を雇って、

物件も借りていき、日本語スクールの事業も柱の一つとして、

進めていくことがかなり濃厚になったのです。

 

さぞかし優秀な女性と思いきや・・・・・

 

たった一人にも関わらず、

1ヶ月で会員20人を集めて日本語学校を事業まで持って行くとか、

とんでもなく優秀な女性に感じますよね?

 

なので、僕はその彼女に、

どのようにして今回のように上手く行ったのかを、

詳しく聞いてみたのです。

(彼女は日本語が話せるので)

 

すると返ってきた答えが、

「facebookで日本語に興味のあるグループに入って、

そのいる人に声を掛けただけです。」

と、たったコレだけ。

 

また彼女の作った日本語学校のfacebookファンページを、

見せてもらいましたが、めちゃくちゃシンプルで普通。

 

けど、このようなことをやるだけで、

1ヶ月で会員20人を集められ、

日本語学校を事業まで持って行くことが出来てしまっているのです。

 

恐らく、日本で同じことをやっても、

ほぼ絶対と言っていいほど上手くいきません。

 

けど、ミャンマーという国では、

このようなレベルで成り立ってしまうのが事実なのです。

 

こんな簡単なレベルで事業が成り立ってしまうなんて、

もうホント衝撃でした。。。

 

起業簡単過ぎです。。。

 

世界にはまだ簡単に稼げる事業が沢山ある

 

この出来事からも日本だけではなく、

世界に視野を広げれば、もっと簡単に稼げることが、

まだまだ世界にはあるなと。

 

特にミャンマーのような後進国では、

まだ日本で当たり前とされているものがなかったりするので、

大いなるチャンスが眠っています。

 

実際、今回の日本語学校だけではなく、

ミャンマーの企業から政府の運営に関係しているアプリ開発の依頼も受けたのですが、

「え?マジでそんなショボい機能のアプリでいいの?」というレベル。

 

日本で外注に頼めば簡単に作れるアプリです。

 

それなのに日本ではありえない金額を稼げたりするのです。

 

このようなことからも、

世界に視野を広げれば、もっと簡単に稼げることが、

まだまだ世界にはあるなと。

 

日本という市場から離れると、

本当にありえないような世界があるのです。

 

またインターネットビジネスを実践していれば、

ビジネスの基礎が自然と身につくので、

後進国に行った時に大いに活躍できる可能性があります。

 

というか、僕自身がそうですw

 

ネットビジネスを通して学んだ、

リストマーケティングやフロントエンド、バックエンド等を教えるだけで

「お前、マジで頭いいな!」って言われますからw

 

バングラデシュでインターネットビジネスのことを話したら、現地の企業の重役にヘッドハンティングされそうになった件について

(バングラデシュでもそうでした)

 

そう考えるとネットビジネスを学ぶと、

ものすごい可能性があると改めて感じました。

 

 

ps.ミャンマーの社長と、

夜は一緒によく飯を食いに行っていました。

 

で、色々と盛り上がって、

めっちゃビールを飲みましたw

 

 

大衆の店だと、

ビールが一杯60円くらいなので、

これで1000円も行かないのが現状。

 

ちなみにホテルも一般的なレベルで1泊3000円でok。

一ヶ月間泊まったとしても約90000円で済みます。

 

また日本の五つ星のレベルのホテル

(リッツ・カールトンとかマンダリンオリエンタルなど)でも、

一泊15000円くらいで泊まれます。

 

そして、インターネット回線の状況は、

基本的に問題なく、通信費も超安い。

 

このことからもネットで稼ぎながら、

ミャンマーに暮らせば、

超贅沢しながらでも生きることができることでしょう。

 

こういうのも知っているか知らないかなので、

知識ってホント大事だなと。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は現在パソコンに1秒も触らず月200万円の利益が出ています。
・・・と、言ってもクソ怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「これ絶対詐欺的なやつだろwww誰が騙されるんだよwww」
とか思っていること間違いないですねw

けど、これは紛れもない真実なのです。

僕は失読症や対人恐怖症などのコンプレックスの塊で、
社会にうまく馴染めずに自殺も正直考えたこともありました。

けど、ビジネスを実践したことがきっかけで、
現在は自信もお金を持てるようになり、
本当に生きてて良かったと思えるようになりました。

この経験からも今がどんなに大変で苦しい人でも、
過去の僕のようにビジネスを通して人は変われると僕は確信しております。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程は以下の記事からどうぞ。

山崎がビジネスで月200万稼げるように変化した秘密

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>マンガの詳細はコチラをクリック<<