コレでブログの記事がスラスラ書ける!ライティング講師地雷屋さんから教わった記事の書き方!

こんにちは、山崎です。

 

先日、次の企画の打ち合わせも兼ねて

地雷屋さんと色々とskype上で通話をしたのですが、

 

スクリーンショット 2015-02-15 10.08.06

 

その話の中で「ライティング」が話題になって、

その話の内容がとても良かったので今回シェアをしていきたいと思います。

 

「記事が書けなくて悩んでいる・・・・」

 

今回はこのような人は特に必見ですよ!

 

それでは早速、述べていきたいと思います。

 

実は学ぶと危険なコピーライティング

 

コピーライティング1-1024x683

 

そもそも、ネットビジネスやアフィリエイト業界って

 

「コピーライティング」

 

と言う、セールスに特化した文章の書き方の商材は販売していますが、

 

普通の文章の書き方の商材って全く販売していないのですよね。

 

「まぁ普通の文章なのだから、普通に書けば良いんだよ。

そんな商材あっても誰も買わないって。」

 

と、言う人もいますが、

 

これははっきり言って文章が既に書ける人のセリフです。

 

過去の僕もそうだったのですが、

文章なんか学校の作文ぐらいしか書いたことなくて、

 

どうやって良い文章を書くのか、

わからない人も少なからずいると思うんですよね。

 

ちなみに、このような人がコピーライティングばかりを学ぶと

すべての記事が「物を売る記事」になってしまう可能性があり、

非常に危険です。

 

なぜなら、そんな売込み記事ばかりのサイトやブログって

 

「今日、この記事を見てくれた人限定で・・・・」

「この情報はトップシークレットな情報で・・・・」

「今回の記事を読んでくれた人はこのようなメリットが・・・・」

 

このような記事ばかりになりますからね^^;

 

まぁ、すべての記事が商品紹介ページ(レビューページ)

と想像していただければ、分かりやすいと思います。

 

「コイツ商品売りたいだけじゃん!ウザ!」

 

と、思ってページ閉じますよね?(笑)

 

ですから、文章が書けない人が

コピーライティングを学ぶことはかえって危険だったりするのです。

 

水泳で例えると、

 

泳げもしないのに、

ビート板を使って泳ぐ練習やバタ足の練習をしないで、

いきなりクロールの練習をしているのと同じです。

 

これじゃいつまでたっても泳げなくて、

溺れて死んでしまうって無理って話ですよ。

 

ですから、まずは文章も例外なく

「基本的なこと」

から学ぶことが重要です。

 

と言うわけで、前フリが長くなってしまいましたが(苦笑)

 

ココからライティング講師の地雷屋さんに教わった

文章の書き方について述べていきたいと思います。

(地雷屋さんって誰?という人はコチラの記事を御覧ください)

 

PREP法を駆使すれば書けない悩みが解決!

 

213d6d3437dac2e5e87e7abf6c79b5e0_s

 

ずばり、記事が書けない人は「PREP法」を使えば解決します。

 

で、PREP法とはどのようなものかと言うと

 

・POINT

・REASON

・EXAMPLE

・POINT

 

の頭文字をとって作られた言葉であり、

 

この順番で文章を書くことによって

キチンと筋の通った綺麗な記事が書けるようになるのです。

 

と、言っても英語のままだとわかりづらいと思いますので、

「PREP法」を日本語に訳すとこのような感じになります。

 

・POINT=ポイント、結論

・REASON=理由

・EXAMPLE=事例、具体例

・POINT=最初に述べたポイント、結論をもう一度

 

で、ただ翻訳しただけだとわかりにくいので

もう少し日本語としてわかりやすくすると

 

・私はこうしたいと思っています。

・なぜなら、理由は〜だからです。

・例えば〜も〜であって、この事例に当てはまるからです。

・だから、私はこうしたいと思っています。

 

こんな感じですかね。

 

そして、この「PREP法」で、文章を作るとこのような感じになります。

 

POINT=僕は毎日青汁を飲んでいます。

REASON=なぜなら、現代人は圧倒的に野菜不足だからだ。

EXAMPLE=これは僕の憶測ではなく、厚生労働省から言われていることです。

POINT=だから、僕は青汁を飲んでいます。

 

恐らく、わかりやすい人のブログやメルマガは

殆どこのような構成になっていると思います。

 

 

なので、記事が書けない人は

まずは人の記事を「PREP法」を通して見てみることから

始めることをオススメしますよ。

 

 

そして、PREP法で書けるようになったら・・・・・

 

そして、PREP法で文章が書けるようになると

人に役に立つ記事は書けるように自然となっているのですが・・・

 

ここではネットビジネスやアフィリエイトで

有効な記事の書き方のポイントをもう2つ教えたいと思います。

 

その2つのポイントとは、

 

・ターゲットが使う言葉で書くこと

・ターゲットに共感するエピソードを書くこと

 

です。

 

例えば、

 

ターゲットが2chねらーの中・高校生だったら・・・・・

 

ターゲットが使う言葉で書くことは、

 

本当に嫌なことがあった = マジでウザいことがあった

腹を抱えるほど笑った = うはwwwwテラワロスwwww

もう消えていなくなりたい = 人生オワタ\(^o^)/

 

と、このような感じになりますね(笑)

 

で、

ターゲットに共感するエピソードを書くことは、

 

——————————————————————–

 

今、僕は彼女もできて、友達もたくさんいて、

本当にリア充ライフを歩んでいます。

 

だけど、つい数年前までは・・・・

 

学校に友達は数える程しかいなくて、(しかも友達は男のみ)

土日や長期休みは、家から一歩も出ずに、

引きこもってゲームやるか、2chをみる日々でした。

 

正直、僕はそのようなライフスタイルは嫌ではありませんでした。

 

だってゲームは面白いし、2chを見てれば、面白いスレがあるし、

とか言っている自分よりバカなクズやガチで人生オワタ\(^o^)/な人が多くて、

心に優越感を持てたから。

 

だけど、どこか心の奥底で満足しない自分がいつもいました。

「俺はこのままで本当にいいのか」と・・・・

 

——————————————————————–

 

少し例えが長くなりましたが、こんな感じになります。

 

この文章はターゲットの2chねらー中・高校生に

共感してもらえる構成になっています。

 

なぜなら、過去の僕自身が中・高校生の頃2chねらーであり、

彼らの心境は既にリサーチ済みからです(笑)

 

そう、ターゲットに共感するエピソードを書くことは、

リサーチの作業が全てになるのです。

 

ですから、記事を書く前にターゲットのリサーチは

必ずしておくことをお勧めします。

 

ここでリサーチをするかしないかが、

ターゲットに響く記事が書けるかどうかの分かれ目ですからね。

 

ちなみにリサーチのやり方ですが、

 

僕のメルマガ登録するとプレゼントとしてもらえる

20,000万円相当のセミナーで、

 

このリサーチで重要な要素について語っているので、

まだ見てない人は、見ておくと良いですよ^^

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

詳しくはコチラをクリックしてね

 

 

・・・・・と、言うわけで今回は

「ブログの記事の書き方について」

を述べていきましたがどうだったでしょうか?

 

個人的にはとりあえずは「PREP法」だけでも習得すれば

あなたの文章は良い文章に変わっていくと思います。

 

また、記事を書く上で困ったことがありましたら、

気軽に相談してくださいね^^

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

山崎への相談はコチラからどうぞ

 

と、言うわけで今回はこの辺で失礼します。

 

山崎でした。

 

参加者5000人越えの顔出し・声だし不要のyoutube講座

silentyoutube


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>豪華特典の詳細はコチラをクリック<<

2 Responses to “コレでブログの記事がスラスラ書ける!ライティング講師地雷屋さんから教わった記事の書き方!”

  1. ぐっきん より:

    山崎さん初めまして!

    そうなんですよ!コピーライティングってセールス特化のものばっかりだな〜と感じていたので、この記事はすごい目からウロコでした!

    普段のブログ記事やメルマガだってすごい大事ですよね。本当に参考になりました!

    ありがとうございます!

    • 山崎(管理人) より:

      ぐっきんさん、初めまして

      山崎です。

      おっしゃる通り、普段のブログ記事やメルマガは
      コピーライティングよりもよっぼど大事です。

      現実にはコピーライティングばっかり学んでいるからこそ、
      ネットビジネスで稼げなくっている人が多いですからね。

      非常に残念なことです。。。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ