1杯の価格が60円で美味いミャンマービールを調べてみて。理解できたキリンの優秀さ。良い未来予測してるよなと。

新型iPhoneも当たる!年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

こんにちは、山崎です。

 

ここ最近はミャンマーに5日間滞在し、

様々なことを学んだことから、

ミャンマーに関する記事を書いております。

 

財閥ともコネがあるミャンマーの会社のCMOに就任できた理由。行動したから結果に繋がった。

 

ミャンマー・ヤンゴンに仕事で行ってきました。タクシーで交渉力が身につき、それがビジネスにも生きるなと感じました。

 

で、今回は僕が大好きな飲み物である

「ミャンマービール」に関して色々と述べて行こうかなと思います。

 

前半はミャンマービールの味や価格や種類など、

そして、後半はビジネス視点から見た、

ミャンマービールについて述べていきます。

 

ミャンマービールとは?味は美味いの?

 

 

ミャンマービールは日本ではあまり馴染みのないビールですが、

実はモンドセレクションで金賞7回している世界的に評価を頂いているビールです。

(受賞年は1999、2000、2001、2004、2005、2006、2011年)

 

さらに言えば、世界各地で行われているビールの味を競う大会でも、

アメリカのニューヨークで行われた2000年の世界ビールカップで銅メダルを獲得。

 

また、オーストラリア国際ビール賞でも金賞1回、

ドイツとイギリスの国際ビール製造賞でも金賞4回と、

多くの世界のビールの大会で金賞を受賞しております。

 

ミャンマービールは日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、

世界的に見るとかなり有名なビールなんですよね。

 

で、このように権威性があるビールであることは、

理解できたと思うのですが、

肝心なのはやはり「味」ですよね?

 

その味ですが結論から言うと、

ガチでミャンマービールは美味かったです。

 

ミャンマーに滞在する5日間、

毎日ミャンマービールを飲んでも全く空きませんでしたから。

 

アジアのビールって独特な癖があるビールが多いのですが、

ミャンマービールは物凄くサッパリしていて飲みやすいビールです。

 

日本で言えば、スーパードライに似たような味。

 

ですから、ミャンマー料理に合わせてもよし。

おつまみなしでそのまま飲んでもよし。

 

さらに言えば、ミャンマーの首都ヤンゴンでいえば、

1年中30度を超える暑い地域でもあるから、

キンキンに冷えたミャンマービールがめちゃくちゃ美味い。

 

特に個人的には午後の3時くらいに仕事が片付き、

昼間から社長と雑談しながら公園のカフェで飲んだビールが、

もう美味くて美味くて最高でした。

 

(このミャンマービールはプレミアムという種類のビール)

 

ミャンマービールの価格は?またどんな種類があるの?

 

またそんなミャンマービールの価格ですが、

日本で飲もうとすると輸送代金なども掛かることから、

通販で買ったとしても1缶300円くらいと日本のビールよりも高くなります。

 

が、現地のローカルな飲食店であれば、

ジョッキ1杯で約60円、大瓶で約150円

と、のこのような値段で飲むことができます。

 

日本の自販機の缶ジュースなら

2本買える値段でジョッキのビールが飲めると言うわけです。

 

マジでゲロ安です。

なので、滞在中はマジで昼間からビールばっかり飲んでいましたw

 

またミャンマービールには2種類あり、

一つは普通のミャンマービール、

 

そして、もう一つはミャンマープレミアム100%モルツがあります。

(僕が昼間から社長と飲んでいたビールがコレです)

 

で、味の違いは何かといえば、

ミャンマープレミアム100%モルツは名前の通り100%モルツ(小麦)であることから、

通常のミャンマービールよりもコクがあり、しっかりと味があります。

 

日本のビールの一番搾りが好きな方であれば、

このミャンマープレミアム100%モルツはハマるかもしれません。

 

ただ個人的には味としては、

通常のミャンマービールが好みでしたねw

 

まぁ僕は日本のサントリーのプレミアムモルツよりも、

普通のモルツが好きなので、

コクや味よりも飲み安さを重視する人種だからかもしれませんw

 

ただどちらも美味しいビールなので、

ミャンマーに訪れた際は是非とも両方飲んで欲しいばかりです。

 

キリンがミャンマーのビール大手「ミャンマー・ブルワリー」買収した理由

 

さて、ここまでミャンマービールの、

味や価格や種類などを述べてきました。

 

が、この情報だけ書いて終わりにしてしまうと

僕がただの旅ブロガーになってしまうことからも、

ここからは僕のブログのメインテーマである、

ビジネスに関しての話をしていきます。

 

で、ミャンマービール でビジネスの話をするとなれば、

やはり日本の大手飲料メーカーである「KIRIN」が、

2015年にミャンマービール を製造しているメーカーである、

「ミャンマー・ブルワリー」を買収した話かなと。

 

日本の大手飲料メーカーであるKIRINは2015年に

ミャンマー国内でビール市場およそ80%のシェアを誇る、

トップブランドの「ミャンマー・ブルワリー」を買収したのです。

 

そして、さらに言うのであれば、

2017年にはミャンマー国内でビール市場およそ10%のシェアを誇る、

「マンダレー・ブルワリー」も買収。

 

このことからも現在KIRINは、

ミャンマー国内のシェアおよそ90%手中に収めているのです。

 

で、ココでビジネスマンであれば気になることは、

どうしてキリンがミャンマービールを、

このようにまで抑えたのかと言う話ですよね?

 

ぶっちゃけ、日本国内では、

全くミャンマービールなんて聞いたことない銘柄。

 

本当に

「このようなビールメーカーを買収して稼げるの???」

って言う話だと思います。

 

しかし、ミャンマーの市場をしっかりと調べてみると、

KIRINの目の付け所が非常に良いところがわかります。

 

まず一番の理由はミャンマーの急速な経済成長に伴い、

ミャンマー国内のビールの需要量が、年々上がってきています。

 

その上昇率を数値に表すと

「毎年7~8%」

もビールの需要量が伸びているのです。

 

この現状は日本とは大違いの数値です。

 

逆に言えば、日本なんて

「最初の一杯はビール」みたいな文化も滅んでいきてしまい、

むしろ、ビールの消費はもう年々落ち込む一方。

 

しかし、逆にミャンマーでは、

今後もドンドン経済成長をしていくことが予想されており、

その経済成長と比例してビールの需要量も、

益々伸びていくことが予想されているのです。

 

このことからも頑張って国内でビールの販売を伸ばすよりも、

需要がある国でビールの販売量を、

増やして行った方が効率良く稼げる確率が高いというわけです。

 

だからこそ、そこに目をつけたKIRINは、

今後、経済的発展していくであろう、

ミャンマービールの会社を買収。

 

つまり、ミャンマーが経済成長をドンドンしていくことにより、

それに伴ってビールの需要量が増え、

KIRINもそれに伴って大きく稼いでいける。

 

と、言うことを予想して、

KIRINはミャンマービール を買収したのです。

 

物事を未来予測が出来るようになると大きく稼げます

 

で、先ほどキリンがやってきたことを書いてきましたが、

これを少し視点を抽象化して言うのであれば

「未来予測」と言えることができるかなと。

 

つまり、先読みして行動して、

後は「稼げる時期が来るまで待つ」と言うこと。

 

インターネットビジネスの話で言えば、

トレンドアフィリエイト」で儲ける時に関して例えると、

わかりやすいかなと思います。

 

未来予測に特化した、

具体的なトレンドアフィリエイトの未来予測の手法を言えば、

 

ゴールデン番組にて世間ではあまり知られていない、

芸能人さんが番組の特集で出るものをチェック。

 

そして、あらかじめ番組が始まる前に、

その芸能人の名前をタイトルにした記事を書けば準備完了。

 

後は、その番組の放送が始めるのを待ち、

サイトにアクセスが来るのを待っているだけで良い。

 

なぜかと言えば、そのテレビ番組を見た一定数の人は、

見慣れない芸能人を見た時、

自分のスマホでそのテレビに出た芸能人の名前を、

検索エンジンに入力して検索する傾向があるからです。

 

「この芸能人ってどう言う人なんだろう?」

的な感じで多くの人がどう言う人なのかを検索するわけです。

 

で、この時にその見慣れない芸能人の名前で記事を書いていて、

自分のブログは上位表示して入れば、

結果としてサイトにアクセスが膨大に集まり、

そこにgoogleアドレンスでも貼っておけば、

大きく稼げると言うわけです。

 

また更に言えば、

未来予測は投資にも凄く使える要素です。

 

例えば、新しいお札や硬貨が出来るとわかった途端に、

ATMの部品を作っている会社の株は、

一気に上がる可能性は高いです。

 

だって、今までのATMでは、

新しいお札や硬貨を認証することができないので、

新たに機能を拡張させる必要性がどうしても出て来るからです。

 

そうなれば、どう言うことが起こるかと言うと、

新しいお札や硬貨を認証できるようにした、

ATMに変えていかなければなりません。

 

そして、ATMと言うものは、日本中に至る所に存在。

 

だからこそ、新しいお札や硬貨を認証できるように、

必然的に多くのATMに新しい部品を取り付けないといけないので、

ATMの部品を作っている会社の需要が伸び、

株価も上昇すると言うわけです。

 

このように未来予測ができると、

ビジネスは勿論のこと投資でも大きく稼ぐことができるのです。

 

・・・・と言うわけで、

 

少しミャンマービール の話題からは、

最終的に少しズレてしまいましたが、

今回はミャンマービール を中心して色々と述べてきました。

 

是非とも何か意見や感想がありましたら、

コメントなどに残していただけたら幸いです。

 

それでは、今回はこの辺で。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は現在パソコンに1秒も触らず月200万円の利益が出ています。
・・・と、言ってもクソ怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「これ絶対詐欺的なやつだろwww誰が騙されるんだよwww」
とか思っていること間違いないですねw

けど、これは紛れもない真実なのです。

僕は失読症や対人恐怖症などのコンプレックスの塊で、
社会にうまく馴染めずに自殺も正直考えたこともありました。

けど、ビジネスを実践したことがきっかけで、
現在は自信もお金を持てるようになり、
本当に生きてて良かったと思えるようになりました。

この経験からも今がどんなに大変で苦しい人でも、
過去の僕のようにビジネスを通して人は変われると僕は確信しております。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程は以下の記事からどうぞ。

山崎がビジネスで月200万稼げるように変化した秘密

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>マンガの詳細はコチラをクリック<<


1 個のコメント

  • いつも拝読させていただいております。

    買収の話は今の私にはやや難しかったですが、なんとなくは理解できました。

    記事を読んで、先の未来を想像して自分でビジネスしていこう!と行動に移したことは間違っていなかったと確信できました。

    また例えば女性の場合、今後は結婚してもいつ離婚してもおかしくない時代だと感じるので
    女性がビジネスして稼ぐ力をつけるのは大切だと思います。
    私の主観にはなりますが、人間の心も急に変わることがあるのでそれに備えて対策をとっていれば
    金銭面で困らなくなります。
    シングルマザーになっても安心ということです。
    私はまだ結婚はしてませんが、旦那さんの稼ぎだけをアテにしたくはない考えです。

    時代の先を読んで行動すれば、時代にも取り残されずに楽しい人生の選択肢も広がりますね。

    読んでいただきありがとうございました!
    返信不要です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.