僕は幼い頃から「お前いらない、必要ない」と言われ続けて悔しかったし、悲しかった。

新型iPhoneも当たる!年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

こんにちは、山崎です。

 

幼い頃から僕は
「お前いらない、必要ない」と言われて続けて
悔しい思いをしてきました。

 

ビジネスで大きく稼げるようになってからは
このように言われることは無くなりましたが、

それまでは本当に
「お前いらない、必要ない」ということを
多くの人から言われてきました。

 

ショックを受けた小学生の時のサッカーをやっていた時の出来事

 

特に今でも鮮明に覚えているのは、
小学校の頃に放課後にサッカーをやっていた時のことです。

 

小学校から僕は、
体を動かすことは好きな方でした。

しかし、体を動かすことは好きだけど、
物凄い運動音痴。

 

サッカーでいえば、
ボールがまっすぐ飛ばないどころか、
3回に1回は空振りをする。

止まっているボールは蹴れるのですが、
動いているボールを蹴ることができなかったのです。

だから、せっかくのチャンスが来たとしても、
いつも空振りばかりで味方からのパスも、
全然ゴールに決めることができませんでした。

 

そのせいで、
サッカーをする学校の仲間たちの中で

山崎=使えない奴

というのが広まっていきました。

 

で、僕らがサッカーをするときは、
一番サッカーが上手い奴の2人がじゃんけんをして、
じゃんけんで勝った順から

メンバーを早い者勝ちで選んで行くのですが、
僕はいつも選ばれるのは最後の方でした。

 

そのことからも僕は薄々気づいていました。

 

僕はヘタクソだから、
いつも最後の方に選ばれるんだなと。

 

そして、あるとき、
僕がゴール前でボールに少しでも触れればゴールに入るチャンスを
僕が豪快に空ぶってしまった時のことです。

「山崎、お前マジ使えない。マジいらねーわ。お前。」

そのチームのリーダーに
キレ気味で言われたのです。

 

この言葉に対して僕は小さく

「ごめん・・・・」

としか言えませんでした。

 

すごくショックでした。

 

薄々自分の中で思っていたことを
思いっきり言われたので。

 

けど、そのリーダーを僕は恨むことはできませんでした。

 

皆は相手に勝ちたいからこそ、
真剣にサッカーをやっている。

そんな中で決定的チャンスを逃しているのですから。

 

いらないと思われるのは当たり前だと思ったから。

 

で、リーダーにそう言われてからは、
僕は極力サッカーをする時はボールの近くにいることを辞めました。

 

シュートを外して迷惑かけるので。

 

だけど、そんな状況にただただ悔しかった。

 

皆、当たり前のように蹴れているボールが、
自分にだけ蹴れなくて本当に悔しかった。

 

そして、ただただ自分の才能やセンスのなさに
当時は嘆いておりました。

 

中学生以降もずっと自分のダメさに落ち込んでいたけど・・・

 

このような感じで、
僕は「お前いらない、必要ない」
と言われることが多かった。

 

中学、高校生の頃には
テニス部に入ったのだが、

僕はテニスが弱いことからダブルスのペアとして
誰にも必要とされなく、

一生に組もうとした部活仲間から

「山崎とは組みたくない」

と、よく言われたりもしました。

 

凄く悲しかったけど、
当時は愛想笑いで誤魔化していました。

 

また、大学生の時も、
グループの課題授業の時に

皆から必要とされずに一人余ってしまって、
先生に強制的にどっかのグループに入れさせられると
いう目にも会いました。

 

この時は

「俺、マジ大学生にもなって何やってんだろう。。。」

と自分のダメさに情けなく、
そして、悔しくて泣きそうになりました。

 

そして、ただただこの時も悔しかった。

 

どうして、僕はこんなにダメなのだろうって。

 

けど、今思うと過去の僕は
情けないとか悔しいと思うくせに

勇気を持って行動しなかったから、
こんな目にあったんだなと。

 

小学校のサッカーの時で言えば、

サッカーが下手のことを指摘された時に、
しっかりとサッカーのうまい奴から

どうやればシュートが上手くなれるとか、
どうしたら空振りしないとか聞けばよかったのです。

 

だけど、僕は被害妄想が強くて

「こんなこと聞いたから本当にダメな奴だと思われる。。。」

とビビって聞けなかったのです。

 

いや、ビビらないで聞けよと。

だって、そのままは何も変わらないじゃんと。

 

けど、僕はビビって聞けなかった。

 

また、中・高校生の時もテニスが弱いなら
テニスがうまい先輩や友達に
どのように打っているかとか聞けばよかった。

 

そうすればテニスが上手くなって、
誰かとダブルスのペアとして必要されていたかもしれなかった。

 

大学生の時もそう。

 

普段からちゃんと周りのやつと
勇気を持ってコミュニケーションを取っておけば、
一人余るとかなかったことかと。

 

だけど、僕はそのようなことをやらなかった。

 

嫌われるだとか、
相手に迷惑だと思われているのじゃないかと、
またセンスや才能がないと自分の中で言い訳をしていた。

 

けど、ただビビっていただけだ。

 

ビビっていて行動しなかっただけ。

 

その結果、過去の僕は
「お前いらない、必要ない」
とずっと言われ続けて来た人生だった。

 

「どうして僕はダメなんだろう。。。」

 

と思う暇があったら
それを解決するための行動すればよかった。

 

いくら
「どうして僕はダメなんだろう。。。」
と思っても何も変わらないから。

 

ダメな自分と認識していて、
悔しいと思うのだったら行動する。

 

ダメな自分をダメじゃなくするために、
ビビらず行動を起こせばよかった。

 

1歩でもいや1ミリでも行動を起こせば、
何かが変わったかもしれないのに。

 

今や行動することなんて、
もはや当たり前になりましたが、

 

過去の僕はビビリまくりのヘタレ野郎だった。

 

ネットビジネスを始めてからショボイ人間から変われた

 

ちなみにネットビジネスを始めてからも、
ビビりは抜けず

半年ぐらいはセミナーや懇親会などに行かず、
引きこもっていました。

 

案の定、その時は全く成果は出なかった。

 

だけど、
もういい加減このままじゃいかんと思い、
勇気を振り絞って、

セミナーや懇親会に出始めてから
僕は少しずつ変わっていきました。

 

最初は酷すぎてやばかったですけどね。

 

懇親会でお酌してもう手が緊張が震えて、

「手、大丈夫ですか???」

と心配されるくらいでしたから。。。

 

けど、そんな僕でも何回も勇気を持って、
セミナーや懇親会に行ったところ変わっていけたのです。

結局、慣れの問題だったのです。

 

あとは、とあるセミナーでビジネスで、
勉強が大事と教わりビジネスの勉強を通して、

人の気持ちが理解できるようになり、
少しずつビビらないで行動することができるようになったことも
大きかったです。

 

そして、徐々にビジネスの成果が出てくるようになり、
今では人に必要される方が圧倒的に増えたので、
正直、不思議な感じがめっちゃします。

 

僕はずっと
「お前はいらない、必要ない」
と言われ続けていた人間だったのに。

 

このことからもビジネス始めてから
改めて僕は人生変わったなと。

 

お金稼げるし、
コミュ障も改善されるし、

対人恐怖症も治るし
ビジネスは本当に最強すぎ。

 

インターネットビジネスとか
最初は超胡散臭くて敬遠していたけど、
実践してみて僕はマジで人生変わった。

 

だから、ビジネス始めてなかったらと思うと
マジで怖いです。。。

 

「やっぱり僕は誰にも必要とされない、ダメ人間だ。。。」
と思い続ける人生を歩み続けていたかもしれません。

 

もしビジネスを始めなかったら、
一生惨めな人生だったかもなぁ。。。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は現在パソコンに1秒も触らず月200万円の利益が出ています。
・・・と、言ってもクソ怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「これ絶対詐欺的なやつだろwww誰が騙されるんだよwww」
とか思っていること間違いないですねw

けど、これは紛れもない真実なのです。

僕は失読症や対人恐怖症などのコンプレックスの塊で、
社会にうまく馴染めずに自殺も正直考えたこともありました。

けど、ビジネスを実践したことがきっかけで、
現在は自信もお金を持てるようになり、
本当に生きてて良かったと思えるようになりました。

この経験からも今がどんなに大変で苦しい人でも、
過去の僕のようにビジネスを通して人は変われると僕は確信しております。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程は以下の記事からどうぞ。

山崎がビジネスで月200万稼げるように変化した秘密

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>マンガの詳細はコチラをクリック<<