ビジネスはお金を儲かるだけじゃない。僕はビジネスで対人恐怖症もコミュ障も克服できた。

新型iPhoneも当たる!年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

こんにちは、山崎です。

 

今回は
「ビジネスはお金を儲かるだけじゃない。僕はビジネスで対人恐怖症を克服できた。」
という話を。

 

というのも、この間、
僕の起業家の知り合い(Nさん)の話を聞いて、

「ビジネスはホントにお金を儲けだけじゃないよな。」

と、改めて思ったことからこの話をしようかと思ったのです。

 

と言うわけで、
まずはそのNさんの話からしていきましょう。

 

知り合いの起業家のNさんの話

 

先日、Nさんは海岸線沿いを車で運転していて、
たまたまコンビニ寄ったところ、

コンビニの駐車場にスケッチブックを持って立っている、
ヒッチハイクをしている若い二人の男性を見かけたそうです。

 

で、Nさんはその人たちに興味を持って、
声をかけて見たところ、

彼らは24歳で美容師の仕事が長期休みになったので、
神奈川県の海で有名な湘南に来ていて、
そこから地元の福岡までヒッチハイクで帰るつもりだったとか。

 

そして、Nさんは彼らと少し喋ってみて、
悪い感じがしなく、面白そうな人たちだったので、

すぐにokして高速道路のサービスエリアまで、
乗っけてあげることにしました。

 

Nさんは彼らの乗せている途中、
美容師について色々と聞いたところ、

2人とも表参道の美容院で働いているらしく、
表参道では80歳の女性がマツエクやネイルを付けに美容院に通う事もある。

美容師業界って仕事がキツい&長時間らしく、
福岡から東京に出てきた友達は半分以上地元に帰って
美容師とは関係ない業種に今は就職してる。

などなど

 

まー、美容業界の色々な話が聞けたそうですw

 

それを聞いて年配の方と子供や孫が、
一緒に行ける手軽なエステとかあったら流行りそうだなーとか、

美容師のスキルはあるのに、
今は関係ない仕事をしている人とか多そう。

じゃ、その余っているスキルをどうにかして上手く活かせれば・・・・・
と、全然違う業界の人と喋ることによって、
様々なビジネスの発想が思い浮かんだとか。

 

Nさんはヒッチハイカーを乗っけて、
非常に楽しかったし、勉強になったと話してくれました。

 

実は超人見知りだったNさん

 

僕はこのNさんのエピソードを聞いて、
ヒッチハイクしている人を気軽に車に乗せるNさんのことを

さぞかし、昔からアクティブな人だったのだろうなぁ・・・

とか、思っていました。

 

が、何とその真反対で、
Nさんは自分でビジネスを始める前までは
極度の人見知りだったとか。

 

Nさんは人見知りが強すぎて、
初対面で自分から話しかけることなんてまずしない。

相手の話にただ頷くだけで、
自分から全く積極的に話しかけない人間だったとか。

Nって普段から全然喋らないから、
何を考えているか良くわからない。

と、学生の時はクラスメイトに、
言われるまでの人間だったそうです。

 

また、人見知りが強いだけでなく、
人間的にも暗かったことから

Nさんは笑いながら

Nさん「以前までの僕だったら、
ヒッチハイクをしてる人を見たら

あー、無料で車に乗せてもらおうとする物乞いがいる
とか冷めた目で見てただでしたわw」

と言っていました。

 

けど、Nさんはビジネスを始めてから、
めっちゃアクティブな人間に変わったそうです。

 

いやー、マジで全然信じられませんでした。

 

僕がNさんと初めて話した時も、
Nさんの方から積極的に色々と話しかけてくれましたし。

 

けど、僕はなぜ、
そんだけ極度の人見知りだったNさんが、

ビジネスを始めてからアクティブになったのかが、
僕はめっちゃ気になったのでNさんに質問してみました。

すると

Nさん「とりあえずやってみる、手を出してみるマインドが
ビジネスをやってから身に付いてきて、
新しい世界への抵抗感がなくなってきたからかな。」

と、このようなことを言っていました。

 

これには、めっちゃ共感しました。

と言うか、
僕もホントNさんと似たような感じです。

 

山崎も人見知りでヤバかった。というかそんなレベルじゃない

 

いや、似ているどころか、
Nさんよりも僕の方が数倍酷かった。

 

特に僕の場合は人見知りもそうですが、
ビジネスを始めた時は、

対人恐怖症の症状をまだひきづっていたりして、
極度のコミュ障でした。

 

初対面の人に挨拶でするときに、

「や、や、やまざきと申します!
よ、よ、よろしくお願いします!!」

と言う感じで、
まずスムーズに自己紹介ができずに毎回名前のくだりで噛む。

自分の名前で噛むなんて、
普通だった緊張していてもまずありえません。

けど、僕は自分の名前すら噛んでいたのです。

 

で、挨拶の後は何を話したら、
良いかわからず沈黙。

そんな僕に対して相手は気を使って話すものの、

「お、お、お仕事は何をされているんですかね〜?」

とか話をするが、結局会話が続かず。

そんな状況にどうしたら良いかわからずに僕はテンパり、

「僕はテニスが好きで〜」

と急に謎に趣味の話をしだすなど、
自分でも何を言っているかわからない状態に。

このような感じだから、
相手は自然と僕と会話するのをやめると言うのが
もはやセオリーでした。

 

また、極度の緊張から、
手の震えが強くなることにもかなり悩まされました。

 

特に飲み会の席での乾杯で、
注いでもらうビールを持つコップの手が震えてしまうのには、
どんだけ悩まされたことか。

震えないように、
コップを両手で持っているのに震えてしまう。

 

このことから、
僕の震える手にビールを注いでいる人には

「(この人、大丈夫かな???なんかやばそう。。。)」

と、奇形なものを見るような目で
毎回のように見られて本当に辛かった。

 

だから、ビジネスの始める前の僕は、
人との関わりをとにかく避けまくってました。

緊張から惨めな自分を晒すのが嫌だったから。

 

ビジネスを始めたことに変わりゆく山崎

 

けど、ビジネスを始めてからは
僕もNさんと同じように

「緊張してでも、とりあえずやってみる」

手を出してみると言うマインドを徹底しました。

たとえ、惨めでも
そうしないと自分は何も変わらないと思ったから。

正直、最初はやっぱり極度の緊張から、
やっぱりヘマをしまくりました。

案の定、ビールを持つ手は震え、
「山崎さんって、アル中なんですか???w」
と言われて凹んだこともありました。

このような状況から、
再び外との接触を避けてしまった時も。

しかし、僕は惨めなままの人生じゃ絶対嫌だった。

そのような時に僕は勉強の重要さを知り、
ビジネスの勉強をしていきました。
主に人間心理についての勉強です。

すると、人間心理を勉強をして、
人の気持ちがわかるようになってから、
徐々にですが緊張が弱くなっていったのです。

そして、時と共に初対面の自己紹介で噛まなくなったり、
ビールの持つ手も震えが消えていったのです。

今では元々緊張症で
極度の人見知りでしたと言うと

「嘘ですよね?w」

と言われるぐらいです。

数年前の自分が今の自分を見たら
別人のようになっているので驚くことでしょうw

けど僕もビジネスを通して別人のように変わったのです。

対人恐怖症を克服できたのです。

 

インターネットビジネスはお金だけじゃないことを僕は言いたい

 

世の中では
インターネットを使ったビジネスは

「簡単に稼げます!!!誰でも稼げます!!!」

と誰でも簡単に稼げるようなことばかりが、
大々的に宣伝されています。

とにかく「お金」に
フォーカスしたことばかりが、
宣伝されております。

確かに皆お金は欲しいものですから、
そのようなことを切り口に宣伝することは
広告としての費用対効果は良くて間違いないと思います。

 

だけど、ビジネスを始めて、
しっかり勉強を実践していけば、

お金を稼ぐだけじゃなく、
人の気持ちがきちんと理解できるようになり、
コミュ障が改善できる。

 

だから、お金の面だけが、
大々的に宣伝されて怪しいとか胡散臭いと思われてしまっている、
ネットビジネスを僕は悲しく感じます。

 

僕にとってはコミュ障が改善は、
お金を稼ぐのと同じくらい大きいことだったからです。

 

僕はコミュ障で27歳の時ぐらいまで、
ずっーと悩ませれ続けてきました。

 

ちゃんと自分の気持ちを言葉にできない。

相手に何を話せばいいか、いつもわからない。

そして、うまく人と話せないから、
距離をとって、いつも一人ぼっちに。。。。

このような人生を歩んでいました。

 

だけど、ビジネスを始めて勉強をしてからは、
他人の気持ちをちゃんと理解することができた。

 

また、自分の気持ちをちゃんと言語化できるようになったので、
人とコミュニケーションが取れるようになったのです。

初対面の人とも緊張しなくなったし、
知らない人に会うことも全く怖くなくなりました。

 

27年間もコミュ障で悩まされていた、
僕にとっては革命でした。
コミュ障もうは二度と治らない。

僕は一生、
人とちゃんとコミュニケーションが取れない
ダメな人間なんだ。。。

と思っていましたから。

だけど、ビジネスを始めてことにより改善できた。

コミュ障が治ってからは、
数えるほどだった同性の友達もたくさんできたし、
今まで皆無だった女の子の友達も沢山できました。

 

この前はタワマンのパーティーに、
招待されていってきて本当に楽しかったのです。

みんなでシャンパンに美味しい料理を食べ、
ワイワイビンゴやったり、
可愛い子と話したりできてすごく楽しかったです。

つい数年前まで

「リア充なことをしているやつなんか爆発しろ!!!」

と、前はいつも思っていたので、
まさか自分がそのような側に行くとは思いもしませんでしたw

 

また、このような楽しみはいくらお金を稼いでも、
コミュ障が改善できていなかったら味わえなかったと。

 

ビジネスでお金を稼げるようになって本当に良かった。

だから、僕はビジネスって、
単にお金を稼ぐだけじゃないと思うのです。

 

相手の気持ちを理解できるようになり、
自分の気持ちを言語化できるようになる。

 

相手の気持ちがわかるから、
自分が何を話せばいいか理解でき、
その言葉も的確なのでしっかり伝わる。

 

その結果、色々な人とコミュニケーションが取れるようになり、
色々な人の面白い話や楽しい話を聞けるようになったり、
面白いことや楽しいことに誘われたり。

 

人生ホント楽しくなります。

 

Nさんも僕も人と話すことが苦手でしたが、
ビジネスの実践を通して、
今や人と話すことが得意なほど変化しました。

 

だからこそ、
僕はビジネスはお金を稼ぐだけじゃなく、

このような一面があることを
多くの人にもっと知ってもらいたいなと思っています。

 

その為にももっと勉強して、
自分に影響力をつけていけない。

 

その為に、
まだまだやらなきゃいけないことは沢山あるので
一つずつしっかり僕は勉強をして行動をしていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は現在パソコンに1秒も触らず月200万円の利益が出ています。
・・・と、言ってもクソ怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「これ絶対詐欺的なやつだろwww誰が騙されるんだよwww」
とか思っていること間違いないですねw

けど、これは紛れもない真実なのです。

僕は失読症や対人恐怖症などのコンプレックスの塊で、
社会にうまく馴染めずに自殺も正直考えたこともありました。

けど、ビジネスを実践したことがきっかけで、
現在は自信もお金を持てるようになり、
本当に生きてて良かったと思えるようになりました。

この経験からも今がどんなに大変で苦しい人でも、
過去の僕のようにビジネスを通して人は変われると僕は確信しております。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程は以下の記事からどうぞ。

山崎がビジネスで月200万稼げるように変化した秘密

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>マンガの詳細はコチラをクリック<<