ルールを変える思考法のレビュー。ゲーマーがビジネスマンとして本当に成功しやすいのか?その答えは・・・

新型iPhoneも当たる!年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

こんにちは、山崎です。

 

「ゲーマーはビジネスマンとして成功しやすい」

 

僕自身が元々ゲーマーで会ったことから、

このような言葉を聞いた時には、

「自分は成功しやすいのかもしれない!」

と、喜んでいた時期がありました。

 

しかし、喜びの反面、

僕はこの意見に対して懐疑的な気持ちもありました。

 

果たして、本当にゲーマーは成功しやすいのだろうかと。

 

で、そのようなことを思っている中、

この疑問に対して、

 

非常に明確に答えている面白い本を見つけましたので、

今回はその本を紹介していきます。

 

それがコチラ

 

ゲーマーがビジネスマンとして成功しやすいのは嘘である三つの理由

 

結論から言ってしまいましたが、

「残念ながらゲーマーが成功しやすいのは嘘」

と、この本では述べております。

 

で、その理由が

 

①人間が、コンピュータの決めたルールに従ってゲームをプレイする

②反射的な時な思考能力の速さを競うゲームが殆どである

③コンピューター相手にゲームをやっても人間との付き合い方は学べない

 

この3つに理由だったのですが、

非常に的確でしたので一つずつ紹介していきます。

 

①人間が、コンピュータの決めたルールに従ってゲームをプレイする

 

まず①は基本的にゲームは、

コンピューター上で決められた条件の中でプレイする為、

ビジネスで重要な常識破壊の発想の妨げとなるのです。

 

 

例えば、

かの有名な任天堂のゲームであるスーパーマリオは、

敵当たるとやられてしまうというルールがあります。

 

で、このルールには例外がなく、

どんな敵でも当たってしまうとマリオはやられてしまいます。

 

このようにゲームには、

どうやっても抗えないルールがあるのです。

 

しかし、現実にはこのようなルールなどありません。

 

例えば、お金を稼ぐことでしたら、

常識的には就職するという手がありますが、

別に就職しなくともビジネスで実践してもいいですし、

投資でもいいし、ギャンブルでも構いません。

 

だから、現実はゲームのように決められたルールがない、

むしろ、ルールがないというか、

現実ではルールを変えることができるのです。

 

僕なんて良い例です。

 

高学歴で大企業に就職した人に比べて、

低学歴で頭が悪くて、

不器用なダメで就職も上手くできなかった人間。

 

世間一般的なルールで言えば、

典型的な負け組の部類だった人間です。

 

世間一般的なルールから外れて、

自分で(ネット)ビジネスを実践するという新たなルールに変えたところ、

負け組から一気に這い上がることができました。

 

に対して、ゲームは基本的に、

コンピューター上で決められた条件の中でプレイ。

 

僕のようにルールを外れることなんてできません。

 

なので、むしろゲームをずっとしているゲーマーは、

自然とルールを守ることが前提であるという価値観に染まっていき、

ビジネスで重要な常識破壊の発想が出にくい人種となってしまうのです。

 

②反射的な時な思考能力の速さを競うゲームが殆どである

 

これは近年の人気スマホゲームでも多く見られますが、

ゲームの多くが反射神経を競う遊びになっているという点です。

 

決められた制限時間があって、

その時間内で素早くゲームを進めることがモットーとされております。

 

また、ひどい場合には、

答えを暗記していないと回答を入力する時間すらないという

ゲームすら存在します。

 

これでは短期的な思考力は身につくかもしれませんが、

ビジネスで重要な深い思考力を身につけることはできません。

 

勿論、詰め将棋のように、

長時間、思考をするゲームも存在します。

 

ですが、今世間に出ているゲームの大半は、

短期的な思考力が求められるものが多いことからも、

ビジネスで重要な深い思考力を身につけることができないのです。

 

③コンピューター相手にゲームをやっても人間との付き合い方は学べない

 

これはもう言わずもがなです。

ゲームは基本的に人間を相手するコンピューターを相手にします。

 

しかし、ビジネスは基本的に人間同士で行われるものです。

 

故に

「目的を達成する為に他の人間とどうコミュニケーションを取るか」

が、重要なテーマになってきます。

 

まぁ近年ではネット対戦ゲームなどで、

比較的にコミュニケーションが取れるゲームが増えてきましたので、

この辺に関しては少し解消もされつつあります、

 

が、全てそのようなゲームではなく、

まだまだコミュニケーションが不要で、

 

一人で完結してしまうゲームが多いことからも、

ゲームはコニュニケーション能力を上げられると、

言うことが難しいのが事実です。

 

ゲームが役に立つ面も存在するけど・・・・・

 

今までゲームはビジネスに役立たないということを述べてきましたが、

一概に「全く役立たないのか?」と言えば、

そうではない面もあることも確かです。

 

 

例えば、この本では、

 

オンラインゲームのなかで「同盟」や「ギルド」を率いる能力は、

現実社会を束ねていく能力とそれほど変わるものではありません。

そのため、ゲーム内で優秀な働きができる人たちは、現実社会においても役立ちます。

 

というようなことが書かれていました。

 

これは確かにそうだなと。

 

僕も中学・高校とオンラインゲームをやっていましたが、

コミュニティのリーダーは敵を倒す為に、

 

皆に戦いや回復の指示を出していたりと、

人をまとめていたことから良くわかるなと。

 

しかし、個人的には、

僕みたいにオンラインゲームを実践していても、

リーダーしかこのような能力は身に付かないと思うのです。

 

実際、学生の頃の僕は、

ネットゲームでもリーダーとは無縁の地位でしたし、

 

むしろ、ネットゲームでさえ、

現実と同じようにコミュ障でうまく回りのなじめずに、

一人でプレーすることが非常に多いという悲しい人間でした。。。

 

現実は非リアだけどゲームの中ではリア充。

みたいって結構いるのですが。

 

僕の場合は、現実も非リア。ネットでも非リア。

と、このような悲しい人間でした。

 

で、ビジネスの基本はコミュニケーションであることからも、

コミュニケーションが取れない過去の僕のようなプレーヤーは、

 

いくらゲームに時間を費やしたとしても、

それは何も能力が身に付かずに、

ただただ時間だけが過ぎていく悲しい行為だと思っています。

 

人生というゲームにハマれると人生が変わる

 

今回は散々ゲームをディスるようなことをいってきましたが、

僕は別にゲームは嫌いではありません。

 

むしろ、今たまに、

ドラゴンボールの新作のゲームとか友人とやりますが、

やっぱりゲームは面白いし、

自分が心から好きと言える趣味の一つです。

 

ですが、文字通り趣味の一つです。

 

なので、変に

「ゲームをやることによって戦略的な思考が身につくから・・・」

とか言ったり、思ったりしません。

 

ゲームをするよりも、

本とか読んで勉強した方が、

圧倒的に戦略思考が身につきますし。

 

単純にゲームは趣味として気分転換としてやるもので、

しっかりとビジネスで成功していく為にやることではないですから。

 

ただ、著者の川上さんのように

 

「ゲームそのもの」ではなく「人生というゲーム」

にしっかりと向き合う気持ちになれたなら、

ゲーマーが持っているポテンシャルを大いに発揮されるはずです。

 

人生というゲームに向き合えるようになれば、

 

ゲームをばっかりしているゲーマーは、

ビジネスでも大活躍できるのではないかと、

僕も強く思っています。

 

ちなみに僕もコレに該当するかなと。

 

数年前までは毎日当たり前のようにTVゲームをやっていましたが、

今ではTVゲームをではなく、色々な事業に対して挑戦していく、

「人生というゲーム」を全力でプレーしていますから。

 

スマホゲームやTVゲームと違って、

人生というゲームを全力でプレーして上手くいけば、

 

スマホゲームやTVゲームもよりも、

比べ物にならない対価を得ることができます。

 

僕で言えば、お金は勿論の事、

コミュニケーションも改善されて、

信頼し合えて、心から一緒に楽しいと思える仲間ができました。

 

人生というゲームはどんなに失敗したとしても、

命ある限りゲームオーバーには絶対になりません。

 

あなたも人生というゲームを全力でプレーしていきませんか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は現在パソコンに1秒も触らず月200万円の利益が出ています。
・・・と、言ってもクソ怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「これ絶対詐欺的なやつだろwww誰が騙されるんだよwww」
とか思っていること間違いないですねw

けど、これは紛れもない真実なのです。

僕は失読症や対人恐怖症などのコンプレックスの塊で、
社会にうまく馴染めずに自殺も正直考えたこともありました。

けど、ビジネスを実践したことがきっかけで、
現在は自信もお金を持てるようになり、
本当に生きてて良かったと思えるようになりました。

この経験からも今がどんなに大変で苦しい人でも、
過去の僕のようにビジネスを通して人は変われると僕は確信しております。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程は以下の記事からどうぞ。

山崎がビジネスで月200万稼げるように変化した秘密

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>マンガの詳細はコチラをクリック<<