星野リゾートから学ぶ。視点を変えるだけで遊びの時間は学びに変わりドンドン頭が良くなる

こんにちは、山崎です。

 

今回は
「視点を変えるだけで遊びの時間は学びに変わりドンドン頭が良くなる」
というテーマで話していきます。

 

一般的には本を読んだり、
勉強会やセミナーに行くことなどが、
ビジネスの勉強だと思われがちです。

 

これに関しては間違いではなく、
その通りだと僕は思います。

 

が、個人的には視点を変えるだけで、
遊びの時間が学びに変わりドンドン頭が良くなるので、

本や勉強会やセミナーなどの時だけを、
学びの時間にしているのは少々勿体ないなと。

 

遊びの時間が学びに変われば、
その分、学びの時間が増えるので、
周りの人と圧倒的に差をつけれます。

 

それに楽しいことをしているので、
学ぶことに対しての精神負担が全くなくて凄くラク。

 

つまり、ラクして頭が良くなるというわけです。

 

そして、その学んだことからコンテンツを生み出し、
そのコンテンツを通じて収益を発生させる。

 

僕が一ヶ月間、
何もしなくても月100万円以上稼げるようになったのも、

この遊びの時間を学びの時間に、
変えれるようになった要因はかなりデカいです。

 

例えば、先日、
僕は今年の夏はどこも旅行に出かけていなかったので、

ちょっと気分転換も兼ねて、
まだ一度も行ったことのない未開の地であった
青森県に行ってきました。

 

で、その青森では前々から気になっていた、
ネットで評価が無茶苦茶高い、
星野リゾート系列の「青森屋」という旅館に行ってきました。

 

ちなみに星野リゾートといえば、
廃れたリゾート施設や経営破綻したホテルや旅館を買い取り、
既に30以上の宿泊施設を復活させているリゾート復活請負の超ヤリ手企業。

 

僕が今回行く青森屋も星野リゾート系列であり、
2004年に220億の負債を抱えて経営破綻していたのですが、
星野リゾートがわずか5年で黒字化したとか。

 

というわけで、
そんな星野リゾート系列の青森屋
に泊まったのですが・・・・・

 

いやー、最高に楽しかったですw

 

そして、すごい勉強にもなった。

 

特に一番驚いたのが、
旅館の中がテーマパーク化されていることでした。

 

写真で見てみると分かりと思います。

 

 

 

このようなお祭りのような施設が、
旅館の中に入っているのですよw

お祭りの屋台風の居酒屋があり、
青森の様々な日本酒を堪能できたり、

津軽三味線などの青森の芸能文化できるショーが開催されたり、

ホタテ釣りができたりw

 

あとは僕が来た時はもう枯れていましたが
こんなものもありました。

小学校の頃、
もし水道からジュースが出たらなー

とか僕は思っていたのですが、
その夢が叶えるものがありましたw

 

こんな風に旅館が
まるで祭りを開催しているような雰囲気なのです。

 

僕はだいたい旅行でホテルや旅館に行くと、
温泉入ってのんびり酒でも部屋で飲んで終わり。

 

というような感じだったのですが、
この青森屋ではそんなことなく、

 

まぁ色々なところで飲み食いしたり、
遊んだり、ショーを見たりと、
すごく充実した時間を過ごせて楽しかった。

 

で、楽しんでいると同時に、
ビジネスの視点でこの青森屋を見ていると

すげい勉強にもなったし、
学ぶべき点(真似していくべき点)が鬼のように見つかりました。

 

例えば、ホテルが祭りを開催しているような雰囲気なので、
まずスマホのカメラを取っている人が超多いのです。

 

特に

「ここヤバい!超インスタ映えしそ〜」

と言いながら、

20代ぐらいの女性グループがいたるところで、
インスタに載せるであろう写真を撮りまくっていたのが印象的でしたw

 

で、これって何が起こっているかといえば、
青森屋を無料で宣伝をしてくれるというわけです。

 

先ほどの彼女たちでいえば、
インスタで撮った写真をUPすれば、

彼女たちのインスタのフォローは写真を見て

A「そこどこ!?!?!?」

B「星野リゾートの青森屋ってところだよー。超イイよ!」

A「私も行きたいー!!!」

など、このような現象が起こるわけです。

そして、インスタの写真を見たフォロワーが、
実際に旅館に足を運び青森屋が儲かると。

 

このことからも集客する上においてのインスタ映えを意識する大事さ。

 

つまりSNSが発達した現代では、
よりネットで拡散がされやすいネタを配置するがクソ大事だなと思ったり、

 

他にも館内になるお祭りのような屋台風の居酒屋は、
開放感がある触れているので、すごい気軽に寄れる。

 

一人飲み用のカウンターもあるので
一人でも気軽に行けて、

知らない店に入るのにハードルが高いと感じる人でも、
コレならいけるかなと。

 

で、そこで青森の名物の日本酒と
上手い海の幸でも少しつまめば2000円〜3000円ぐらいの
お金を落としてくれるわけです。

 

このように気軽に立ち寄れる雰囲気を演出することにより、
お客さんがお金を落とす。

 

つまり、誰でも気軽にという、
容易性を強く出していることから収益に繋げているいうわけです。

 

で、これは飲食店だけでなく、
自分が作っているサイトやブログなどのコンテンツでも

如何に自分のコンテンツがお客さんにとって、
気軽に触れる為に演出させるかが大事になってくるなと。

 

では、その為にどうすればいいのか?

 

例えば、僕の場合、

ビジネスのブログを運営していますが、
一般的にはビジネスってどうしても難しいと思われがちだから、

とにかくビジネスは難しくないこと、
容易性をアピールしてわかりやすく伝えていくことかなと。

 

その為に初心者でもビジネスがとっつきやすいように、
わかりやすい初心者専用のページを作ったり、
解説するときは記事よりも動画のほうがわかりやすいかな?

などなど、

 

このように自分が体験した楽しいことを、
ビジネスに応用することを考えるというわけです。

 

そして、後に実践してみる。

 

するとネタ元が良い場合は、
だいたい真似するだけで上手くいきます。

 

今回で言えば、
星野リゾートが経営破綻していたホテルを
わずか5年で黒字化した戦略が詰まったものであり、
ネタ元としてはめっちゃ信頼できる。

 

なので、僕はガンガンとパクっていく(真似していく)予定ですw

 

自分で考えるよりも実績も出ているし、
上手くいく確率は高いですから。

 

ちなみにそんな僕が今回やっていることは、
ただ遊びや娯楽になっている時間を

ビジネスの視点

に変えただけ。

 

視点を変えただけで、遊びの時間を
お金を生み出すコンテンツの学びの時間に変え、

実際にその学んだことをから
コンテンツを作りだし、
そのコンテンツを利用して稼いでいるというわけです。

 

 

楽しく学べて、
お金を生み出すコンテンツが作れる。

 

本当に最高です。

 

やっていることはただ視点を変えているだけですし。

 

ちなみに常にこのような視点を持っていると、
遊びの時間だけではなく、
起きている時間全てが学びの時間に変わります。

 

この視点を変えるという概念を知っているだけでも、
知らない人に比べたら、ビジネスでの成功は遥かにUPします。

 

逆に言えば、多くの人は冒頭で言ったように
机で本を読んだり、勉強会やセミナーに行った時などしか
学んでいないわけです。

 

そりゃずっと学びの視点で生きている人とは
当たり前のように差がつきますし、
差が埋まらないというわけです。

 

僕はこの概念を知ってからは、
遊びの時間は勿論のこと、
常に学びの視点で生きています。

 

と言っても、最初からずっと学びの視点で生きるのは
人によってはハードルが高いかなと思いますので、

 

最初は遊びの時間だけでもやると違うのかなと。

 

楽しいし学べるし最高ですよ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は現在パソコンに1秒も触らず月200万円の利益が出ています。
・・・と、言ってもクソ怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「これ絶対詐欺的なやつだろwww誰が騙されるんだよwww」
とか思っていること間違いないですねw

けど、これは紛れもない真実なのです。

僕は失読症や対人恐怖症などのコンプレックスの塊で、
社会にうまく馴染めずに自殺も正直考えたこともありました。

けど、ビジネスを実践したことがきっかけで、
現在は自信もお金を持てるようになり、
本当に生きてて良かったと思えるようになりました。

この経験からも今がどんなに大変で苦しい人でも、
過去の僕のようにビジネスを通して人は変われると僕は確信しております。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程は以下の記事からどうぞ。

山崎がビジネスで月200万稼げるように変化した秘密

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

参加者5000人越えの顔出し・声だし不要のyoutube講座

silentyoutube

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>豪華特典の詳細はコチラをクリック<<

1 個のコメント

  • なるほど!
    視点を変えれば毎日目にするものが
    学びと気づきに変わっていきますね!

    どうしても遊びは遊び、
    仕事は仕事と分けてしまいがちですが
    そこを融合させるのが
    大切だと感じました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA