魅力的な文章を書きたければ、さっさと文章が上手い人からパクることが一番。超楽だし稼げるし最高ですわ。

新型iPhoneも当たる!年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

こんにちは、山崎です。

 

今回は

「魅力的な文章の書く為に超効率的な方法」

について話していこうかなと。

 

インターネットを利用したビジネスでいえば

魅力的な文章さえ書ければ、

自分が紹介した商品がめっちゃ売れていきます。

 

月10万、30万をネットで稼ぐとか、

はっきり言ってめっちゃ楽勝。

 

マジでアホみたいに稼げるようになります。

 

また、魅力的な文章さえ書ければ、

サイトやメルマガなどを使って

仕組みを作くることによって不労所得も作ることも可能です。

 

仕組みを作ると

1日中部屋の中でダラダラと漫画を読んでいても、

昼間からビール飲み歩いていても利益が出ますw

 

実際に僕はそれなりに上手い文章が書けるようになったので、

何もしなくても1ヶ月100万円以上の利益が余裕で出ています。

 

魅力的な文章が書けるようになって、

僕はマジで人生変わりました。

 

最高です。

 

で、そんな人生を変える力がある

魅力的な文章ですが、

 

肝心なのは

どうすれば文章が魅力的に書けるようになるか?

って話ですよね。

 

で、結論から言いますと

上手い人の文章をパクることです。

 

パクる。

要は真似することです。

 

あ、パクるといっても、

そのまんま上手い人の文章をコピペすることじゃありませんよ。

 

構成や文章の流れをパクるのです。

 

文章を書くの上手い人が

文章の途中で体験談を書いていたら、

自分も体験談を書く。

 

最初に結論から書いていたら、

自分も結論から書いて行く。

 

という感じです。

 

これをやるだけでクソ文章が魅力的になります。

 

嘘みたいな話ですが、

これがマジ上手くなるんですよね。

 

正直、自分でライティングの勉強をするも、

超手っ取り早い。

 

というか、そもそも

自分でライティングの勉強をして

文章を自分なりに上手くしようとクソ遠回りになります。

 

実際、僕はクソ遠回りした身です。

 

僕は文章を書くのが子供の頃からクソ苦手でした。

 

小学生の頃は作文が全く書けなくて

半泣きしながら先生に手伝ってもらったり、

高校でも一人だけ小論文で赤点とか取っていましたw

 

そんな状態ですから、

インターネットビジネスを始めてからも、

文章が全く書けずに超苦戦。

 

いや、マジで苦労しました。

 

まず記事を書こうと思って、

パソコンの前に座るのですが、

 

全く何を書いて言いのわからずに、

30分、1時間、2時間と時間だけが過ぎて行く。

 

こんにちは、山崎です。

と、最初の挨拶以降の文章が全く出てこないのですw

 

また、いざ書き進めていっても

書いては良くないと思って文章を消し、

 

また新しく書いては、

それも満足いかなくて消しての繰り返し。

 

一向に先に進まない。

 

で、そんな感じで悪戦苦闘して、

3時間以上かけながら

ようやく1000文字くらいの記事が出来上がる。

 

しかし、その文書を人に見せると、

・何を言いたいかわからない。

・すごく読みづらい。

・ぶっちゃけクソつまらない。

と批判の嵐。

 

まー、凹みまくりでした。

 

あんなに頑張って書いたのに。。。。

 

また、人から批判をくらい、

内心すげー悔しかった。

 

だから、こんな状況から抜け出すべく、

僕はとにかくコピーライティングに関する本や

オンラインの教材を買いまくって勉強しまくりました。

 

絶対文章上手くやってやんよと。

 

で、自分なり本や教材で勉強した後に、

再び文章を書いて行くのですが・・・・・

 

あいからわず人に僕の文章を見せた時の反応はイマイチ。

 

ていうか、イマイチどころか、

さらにダメ出しくらいまくり。

 

コピーライティングを勉強する前よりも

酷くなったともさえ言われたこともありました。

 

もうマジでやってらんないと。

 

この時は心が折れかけました。

 

ホント文章を書くこと自体が嫌になりました。

 

勉強してるのに、なぜダメなんだと。

マジやってらんねー。

結局、文章の上手さとか才能とかセンスかよ。。。

とか思っていました。

 

が、そんな状態の時に、

僕はライティングを教えてもらっていた師匠に

 

文章は上手い人からパクればいいんだよ。

 

とのアドバイスを頂いた。

 

パクるぐらいで上手く言ったらマジで苦労ねーよ。

と、正直最初はバカにしてました。

 

けど、せっかく師匠にライティングを教えてもらっている手前、

素直に従わないはクソだなと。

 

なので、マジでしょうがなくですが、

僕は上手い人の文章をパクって文章を書いて行くことにしました。

 

その後一週間後くらい、

パクって文章を書く練習をしましたかね。

 

で、練習した後に文章を師匠に見せたところ

だいぶ良くなったな。

と言われた。

 

正直、自分では実感湧かなかったので、

ホントかなーとか思っていました。

お世辞で言ってんじゃねーかと。

 

マジで実感湧きませんでしたから。

 

しかし、師匠以外の人にも、

色々とパクった文章を見せたところ

 

めっちゃ文章上手くなってるやん!

山崎さん何やったの???

 

とか言われる。

 

嘘だろ。

 

マジかよ。。。

 

あんだけ自分でライティングの勉強した時は、

文章上手いとか一切言われたことなかったのに。

 

たった一週間パクって

文章を書いただけで上達するなんて。。。

 

しかも、パクって書くから

考えること少なくて普通に書くよりもめっちゃ楽。

 

嬉しい反面、

ショックでもありました。

 

今までの自分の努力なんだったの的な。

 

ちなみに今僕が指導しているコンサル生にも

パクって書くことを軸とした文章の指導を一週間ぐらいしたところ、

クソだった文章が一気に魅力的になりました。

 

その子はダイエットに関するブログを書いているのですが、

今まで全く興味を引けないクソなダイエットの文章を書いていました。

 

それ誰が痩せたいと思うんですか?

的な。

 

ですが、今は文章を読むと

「すげー痩せたい!!!」

と思えるんですよ。

 

で、そのコンサル生も文章を上手くするために

文章に関する本を買いまくり、読みまくっていたとか。

 

だけど、文章が全く上達しなくて半ば諦めていたとのこと。

 

しかし、今回のパクれと教えてもらい、

それを忠実に守って書いていったら一気に良くなった。

 

過去の僕同様に嬉しいと同時にショックを受けてました。

今までの努力なんだったんだーと。

 

マジで過去の僕と全く同じようなこと言っていて笑いましたw

 

けど、気持ちは超よくわかります。

 

自分なりに努力をしている時は全然ダメだったのに、

パクると文章書くのは、

努力もせずに超楽なのに上手いとか言われますから。

 

パクって書くとかマジで最高です。

 

ちなみに僕はパクって文章を書くようにしてから、

サイトやメルマガを使って10万、30万、100万と、

右肩上がりに利益が出るようになりました。

 

もしパクって書いてなかったら、

今頃必死こいてライティングの勉強してるのに、

まだ全然利益が出ない状態が続いていたのかもしれません。

 

考えるだけでも怖いっすね。

 

パクって書くことを教えてもらってホント良かった。

 

 

ps.よく文章力をつけるのに写経とか大切とか聞きますが、

僕はそんなわけねーと思っています。

 

というか、過去に僕は写経したことありますが、

全く文章力は上がりませんでした。

 

そもそもですが、

ただ写して書くだけで、

上手くなるわけないです。

 

写経するぐらいだったら、

その時間を文章が上手い人の文章の流れや構成を良く見て

パクった方を100倍くらいマシです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は現在パソコンに1秒も触らず月200万円の利益が出ています。
・・・と、言ってもクソ怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「これ絶対詐欺的なやつだろwww誰が騙されるんだよwww」
とか思っていること間違いないですねw

けど、これは紛れもない真実なのです。

僕は失読症や対人恐怖症などのコンプレックスの塊で、
社会にうまく馴染めずに自殺も正直考えたこともありました。

けど、ビジネスを実践したことがきっかけで、
現在は自信もお金を持てるようになり、
本当に生きてて良かったと思えるようになりました。

この経験からも今がどんなに大変で苦しい人でも、
過去の僕のようにビジネスを通して人は変われると僕は確信しております。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程は以下の記事からどうぞ。

山崎がビジネスで月200万稼げるように変化した秘密

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>マンガの詳細はコチラをクリック<<


1 個のコメント

  • そうなんですよね。

    売れるためには
    売れている人のシステムをパクる。

    実はこれが一番な近道と知った時は
    結構ショックでしたが
    潔く取り入れて良かったと今は思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA