コンテンツマーケティング64の法則を読めばモテるようにもなる理由

新型iPhoneも当たる!年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

こんにちは、山崎です。

 

前回のレビューに引き続き

今回はダイレクト出版の本の中でも、

帯に目を惹かれた本である

「コンテンツマーケティング64の法則」

を読んだのでレビューをしていきたいと思います。

 

 

ちなみに僕が目を惹かれた帯は以下のように

「もう他の本を捨ててしまって構わない」

と、物凄いハードルを引き上げているコメントが書かれていたので、

僕は気になって思わず読んだというわけです(笑)

 

で、そのようなワクワクと期待しながら読んだのですが、

個人的にはかなりの良書でした。

 

で、内容的に良かったところは、

「人の心を動かすコンテンツ(文章・動画)の作り方」

をみっちり学べたところでしたね。

 

実際、僕がビジネスにて自動で月100万円以上も稼げるようになったのも、

この人の心を動かすコンテンツの作り方をしっかり学んだからといっても、

過言ではありませんからね。

 

さらに言えば、僕は23歳まで彼女いない歴=年齢の非モテ男子で、

女性と話すのがめちゃくちゃ苦手だったのですが、

今ではこのことを学んだことから、

苦手どころかめちゃくちゃ得意になりました(笑)

 

そのくらい人の心を動かすコンテンツの作り方がわかれば、

自分を魅力的に見せれることができるので

自分が紹介した商品は飛ぶように売れていきますし、

仕事でも恋愛でも一目置かれるようになります。

 

ですので「人の心を動かすコンテンツの作り方」を学ぶことはめっちゃ大事なのです。

 

で、この本にはそれに関することが、

みっちりと載っていたのですが、

 

特に僕に印象に残った

「書くよりも考えること」と「共感」

について今回は述べていきたいと思います。

 

書くよりも考えること

 

インク(ink)より、シンク(think)だ

 

“インクの前に考える”は、あなたが制作するコンテンツすべてにおいて、

3つの問いかけを通してキーポイントを見つけることを意味する。

まず、私は”なぜ”これを書いているのか?何が目的なのか?

次に、この主題または問題について、私が最も重要と考えることは

“何”だろう?私はそれについてどんな意見を持っているんだろう?

そして最後に、忘れてはいけないのが、”それはどうして?ーなぜなら”の練習だ。

ー本文より引用ー

 

これは作者は何が言いたいのかを、

簡単に言えば

「なぁ、あんた。文章や動画を作る前にちゃんと相手をどうしたいのかを考えているか???」

ってことを言いたいのです。

 

恥ずかしい話なのですが、

僕がインターネットビジネスを始めて全然稼げなかった時って、

これが全然できていませんでした。。。

 

「とりあえず、難しいことを考えずに、

記事や動画とかコンテンツを作り続けていけば、

そのうち上手くなるっしょ!」

 

と、こういうノリでずっとやっちゃったんですね。

 

特に文章を書く時とか

「タイトルだけ決めて書いていけば、

書いていくうちに良いアイディア思い浮かぶだろう!」

と思って、何も考えないまま文章を書き進めていくことがしょっちゅうでした。

 

これって、もう典型的なアホというかバカというか、

いつまで経ってもビジネスで稼げない人の特徴モロ出しな人です(苦笑)

 

確かに最初から良い文章を書こうと思っても、

初心者の段階では書けないので「完璧主義」にならない点では、

「とりあえず作るかー」的なノリで、

文章や動画などのコンテンツを作ることは大事です。

 

だけど、ある程度コンテンツ作成に慣れたら、

いつまでたってもノリのまま書くのでは駄目なんですよね。

 

本の引用で書いたところのように、

「自分のコンテンツを読んでくれたり、見てくれたりする人をどうしたいのか?」

を、しっかり考えないといけなかったのです。

 

例えば、

稼げなかった頃の僕は恋愛サイトをやっていたのですが、

恋愛でモテない人に対して

「モテれるようになれば、可愛いの女の子と付き合えるのは勿論、

モテてることから自信がつきます。

自信がつけば、人前で堂々と話すことができることから、

仕事では上司から評価されたり、ヘラヘラしている人よりも舐められないので一目置かれます。

そして何より自信がある男は女性から見て魅力的なので、さらにモテるようになります。」

とか考えて言えばよかったんですよね。

 

要はこのように、

相手の理想の未来(ベネフィット)のことをコンテンツ入れるなど

相手の心を動かすことをしっかり考えないとダメだったのです。

 

なのに、僕はそんなことにも気づかずに、

文章や動画を作り続けてしまっていました。

 

100記事以上も書いたサイトで収益0円だったり、

50個以上動画をUPしたのにyoutubeチャンネル合計再生回数1000回もいかない等、

無駄な時間と労力を消費していたのです。

 

そして結果、稼げる人を見ては

「やっぱ結局センスや才能だよなー。頭いいやつは稼げていいよな。」

とか思っちゃったりしていましたからね。

 

そのような状況だとこのようなことを言ってしまうのも、

気持ち的にはわかるのですが、

 

もし、過去の僕に今の僕から声をかけるのであれば、

「いやいや、お前が何も考えてないだけだろ!バカじゃねーかw」

と、過去に戻れるなら当時の自分に言ってあげたいものですね(苦笑)

 

だって、仮にしっかりと先ほどあげた

相手の理想の未来のことを考えてコンテンツを作っていけば、

人の心を動かすことができるのですから。

 

他にも、過去の全く稼げなかった頃の山崎は、

太っている人に対し、痩せるサプリを売る時に、

「このサプリは脂肪燃焼作用がすごいので飲むと痩せますよ!!」

と、言っていて全く売れなかったのですが、

 

これをしっかり考えて、

太っている人に対して「痩せたらモテるよ!」と以下のように

「このサプリを飲めば、もうデブとか馬鹿にされなくなるどころか、

さらに痩せて印象が変わることから異性からの目が変わって、相手からの印象がすごく良くなりますよ。

そして、太っている状態から痩せれるとその成功体験から自信がつき、

恋愛でもドンドン積極的になれます。

やっぱり世間の女の子は積極的な男の方が好きなんですよ。

実際に僕の友人のDさんはこれを飲んでめっちゃ痩せて自信がつき、

社内で一番可愛いと言われる同僚のKちゃんを口説くことに成功しております。」

と、太っている人の心を動かすことが言えたわけです。

 

前者と後者では

「サプリを売るという意味」では同じですが、

全然印象が違いますよね?

 

後者は

「これは太っている人は痩せることによって、どうなりたいのか?」

と、相手の理想の未来を考えて書いてるからこそ、

太っている人の心を動かす魅力的な文章することができているので売れるのです。

 

このことからも一例であげましたが、

相手の理想の未来を考えてコンテンツを作れば、

人に魅力を与えることができ、

自分の思い通りに動かすことができるのですよね。

 

なのに、過去の僕は殆ど何も考えていなくて、

数さえやればいいと思っていたので残念な結果に終わったのです。

 

ちなみに現在の僕はビジネス以外でも、

男の起業家仲間と温泉に行った時、

めっちゃうまそうな温泉卵があって食べたかったので

「この温泉卵の若い女の子に人気らしいよ、

だから、この付近は可愛い女の子も多いかも。

行ってみようぜ!後、ついでに卵も食べよう。」

とか、この要素を使って上手く自分の行きたいところに行っております(笑)

 

思考することって素晴らしいですね。

 

共感

 

大きな共感を育てる6つのステップ

 

1.顧客と見込み客と一緒の時間を過ごす

2.彼らの生活環境を理解する

3.何事にも素朴な疑問を持つ

4.なぜ彼らがそうするのかを尋ねる

5.統計数字だけでなく、ストーリーを共有する

6.顧客中心の視点で考える

 

大きな共感は、セールスのためのキャッチコピーやマーケティングの目的の

ランディングページでは特に重要になる。

ー本文より引用ー

 

これは本の中で「共感」について書かれていた部分です。

 

ある程度ビジネスを勉強している人には、

当たり前かもしれませんが、

人は共感すると「親近感」や「好意」を抱くことから、

ビジネスでは必須の要素と言われております。

 

なぜなら、共感の要素を入れるか入れないかで、

ビジネスでは数倍〜数十倍の売り上げが変わりますからね。

 

僕もこの共感の要素を使っているおかげで、

ビジネスにて月200万以上の利益を上げているのが事実です。

 

また、他にもこの本に載っているオンライン料理学校を経営していた

ナディア・エグバルさんは上記の共感の要素を入れて、

料理学校のホームページを書き換えたところ、

何と売り上げが10倍も変わり、

 

ホームページを見た人「もうびっくりです。あなたたちのホームページの文章は、

全部、私のことを言っているみたい」

 

と、いうメールを頻繁に受けるようにまでなったとか。

 

それぐらい共感はエグい要素なのです。

 

実際にビジネスで情報発信している人で、

しっかりした実力がある人であれば、

記事に必ずと言っていいほど共感できるポイントが入りまくっているのが事実です。

 

なぜ、それほど共感が入っているかといえば、

相手に「親近感」や「好意」を抱いてもらい、

ファンになってもらった方がめっちゃ稼げるからです。

 

そう、ファンができるとビジネスって超稼げるんですよ。

 

アイドルグループのAKB48とか良い例だと思います。

 

ファンはAKBライブに行きまくったり、

グッズを買いまくることは勿論の事、

AKBのアイドルと何回も握手したいから、

またAKB総選挙で一位になって貰いたいからこそ、

同じCDを100枚以上買う沢山のファンが買いますからね。

 

特にAKBのDVDとかエグくて

アイドルの厳しいダンスや歌などの練習風景や裏側を見せることにより

「目標のためには辛いこともあるけど、頑張らないといけないんだ!」

と、言うような「共感の要素」がめっちゃ入っています。

 

その結果、ファンはAKBに心を動かされ、

AKBに関することであれば、

ドンドンお金を支払ってしまうのです。

 

それによってAKB運営側、

いわゆるプロデューサーの秋元康さんは数十億円と、

むちゃくちゃ儲かっているというわけです。

 

それだけ人の心を動かす、

共感という要素はビジネスでは大事なのです。

 

また、ビジネスだけではなく、

人間関係においても共感は仲良くなっていく要素として大事ですね。

 

初対面で出身地が同じだったり、

同じ趣味だったりする人と話が弾んで仲良くなるのは

思っ切り共感の要素のおかげですからね。

 

A子「私沖縄出身なんだー」

B男「え!俺も沖縄出身なんだけど!!!一緒じゃーん!!」

A子「えー!本当にぃー?沖縄のどこ?」

B男「〇〇ってところ。」

A子「やばwww超近いんだけどwww」

 

っというような感じで、

合コンでも大活躍な訳です。要はモテます(笑)

 

・・・・・と、いうわけで

人の心を動かすコンテンツの作り方

でも、特に僕の印象に残った

「書くよりも考えること」と「共感」

の二つを紹介してきましたが、

 

この本には人の心を動かすコンテンツの作り方に関することが、

2つどころか64つも載っております(苦笑)

 

今回の冒頭で話したように、

人の心を動かすコンテンツの作り方がわかれば、

自分を魅力的に見せれることができるので

自分が紹介した商品は飛ぶように売れていきますし、

仕事でも恋愛でも一目置かれるようになりますよ。

 

>>コンテンツマーケティング64の法則の詳細はこちら<<

 

あともし、上記の僕のリンクを踏んで、

この本を購入していただけたら、

以下のフォームのリンクをクリックして、

必要事項を入力の上で送信し、

 

>>コチラをクリックしてフォームに必要事項をご入力ください<<

 

その後、僕のリンクの本の購入を確認でき次第、

「特典」を差し上げたいと思います。

 

特典の内容は

「山崎が人の心を動かす文章を書く時に意識している3つの要素

と言う動画コンテンツとなります。

 

ちなみにこの間、

僕とJV(ジョイントベンチャー)している方に、

この3つの要素を使ってレターの添削をしたところ、

次の日からレターの成約率が2倍になりました。

 

そのくらい即効性があり、非常に効果がある要素です。

 

この要素をしっかり使いこなせるようになれば、

限定性や社会的証明などセールスの要素を使わなくとも、

商品を容易に売ることができるので、

知っておくとビジネスが非常に簡単になります。

 

というか、セールスの要素と組み合わせると、

面白いほど簡単に商品が売れていきますよ。

 

ちなみに僕はこの3つの要素に味をしめて、

いたるコンテンツで使いまくっています(笑)

 

それでは、今回はこの辺で失礼します。

 

山崎でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は現在パソコンに1秒も触らず月200万円の利益が出ています。
・・・と、言ってもクソ怪しいですよね。。。

恐らく、昔の僕だったら
「これ絶対詐欺的なやつだろwww誰が騙されるんだよwww」
とか思っていること間違いないですねw

けど、これは紛れもない真実なのです。

僕は失読症や対人恐怖症などのコンプレックスの塊で、
社会にうまく馴染めずに自殺も正直考えたこともありました。

けど、ビジネスを実践したことがきっかけで、
現在は自信もお金を持てるようになり、
本当に生きてて良かったと思えるようになりました。

この経験からも今がどんなに大変で苦しい人でも、
過去の僕のようにビジネスを通して人は変われると僕は確信しております。

コンプレックスの塊の僕はどのようにして、
自信を得て、稼げるようになった過程は以下の記事からどうぞ。

山崎がビジネスで月200万稼げるように変化した秘密

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年収5000万円の社長になれた秘密がマンガでわかります(無料です)

silentyoutube

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>マンガの詳細はコチラをクリック<<