(ネット)ビジネスが簡単だと言っている人の意味がわからない方へ

こんばんは、山崎です。

 

先日公開した「利益の法則」の購入者の方から感想が来たのですが、

今回はそれをシェアしていきたいと思います。

 

以下、感想となります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは、Yと申します。

 

山崎さん

「原理原則に基づくリサーチセミナー」

の動画を観ました。

 

アウトプットも兼ねて、感想をお送りします。

 

某ネットビジネスで有名な商材のコピーライティングの担当しているKさんが、

「リサーチが大切。リサーチするかしないかが、儲かるか儲からないかの違い。」

という事を言っていて大事だと思っていましたが、正直あまりピンと来ていませんでした。

 

また、僕も「ビジネスは簡単」と言う人に

「はぁ?全然簡単じゃねーし!『簡単』って言う根拠は?」

と思っていました。

 

ですが、この二点・・・・・・

今回の山崎さんから教材を見て学び、凄くしっくりと理解出来ました。

 

思わず、某ネットビジネスで、

有名な商材のコピーライティングの担当しているKさん

「『簡単』って言うんじゃなくて、そう言ってくれよ…。」

と思いました。

 

また、リサーチの点に関しても、

やっと本当にリサーチの大事さがピンときた感じですね。

 

(中略)

 

対面じゃないウェブセミナーで

ここまで知的好奇心が満たされてアドレナリンが出まくって興奮するのは

山崎さんのセミナー動画だけです。

 

また、同じ人から教材をリピートして購入するのも山崎さんからだけです。

 

それは、毎回深い価値を期待出来るという信頼感があるからです。

マジで、コレは個別に教材販売しても良かった内容だと思います。

 

情報商材に付ける特典としてのレベルを遥かに超えています。

いやぁ、良い買い物をしました。

 

やはり、知的好奇心が満たされて、

知的財産が増えて行くのは刺激的で気持ちいいですね。

 

それが、不変的な本質的な学びに関してでしたら尚更です。

では、「物販編」を観た後に、またアウトプット兼感想をお送り致します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

Yさん、ありがとうございます。

 

今回の「利益の法則」の「原理原則に基づくリサーチセミナー」では、

「ビジネスは簡単」という人はあまりにも抽象度が高いことを言っており、

 

「なぜ、ビジネスを簡単といえるのか?」

 

を、僕の「原理原則に基づくリサーチセミナー」では、

具体的にわかりやすく徹底してお作りしたので、

Yさんのような感想が来て、素直に嬉しかったですね。

 

また、今回のYさんの感想の中で

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、僕も「ビジネスは簡単」と言う人に

「はぁ?全然簡単じゃねーし!『簡単』って言う根拠は?」

と思っていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

と、ありましたが、

僕も「昔ビジネスは簡単」と言われた時は、

昔は本当にYさんと同じような感じでした。

 

 

だって、いくら自分になりに頑張っても全然稼げない時代が僕にもありましたからね。

 

 

ですから、

「ビジネス簡単とか言っている奴って、元々才能とセンスとか絶対ある奴だろ。」

と、僕は本気で思っていました。

 

 

しかし、今になっては

「ビジネスが簡単」ということが、

僕も完全に理解することができました。

 

 

その内容は「利益の法則」で公開しているのですが、

少しヒントを言いますと、

 

 

ビジネスが簡単という人は

「ビジネスを成功する為に正しい努力の方向を知っている」

ということですね。

 

 

そもそも、しっかりと努力しているのにも関わらず、

成果がその努力に比例していないとしたら、

「努力の方向性」が間違っているパターンが多いのですよね。

 

 

具体的に例えるなら

 

車でタイヤがパンクしている状態で、

車のスピードが全然出ない時に

 

「なぜ、この車はスピードが出ないんだ!

車のスピードはエンジンがカギを握るはずだからエンジンが悪いはずだ!

もっと良いエンジンに改造しなければ!」

 

と、エンジンばかりを良くすることに気を取られてしまって、

肝心のパンクしているタイヤにはノータッチしているという感じですね。

 

当たり前ですが、

タイヤのパンクを修理しない限りは早く車は走りません。

 

だけど、エンジンに固執してしまっているところから、

「根本的な原因」である車のパンクに気づかずに、

エンジンばかりをイジってしまう・・・・・

 

そう、ビジネスで努力している人も、

このような状態が多いのですよね。

 

 

「努力の方向性」が間違ってしまっているのです。

 

 

ということで、この「努力の方向性」を直せば、

上の例で言えば、車は早く走れますし、

ビジネスでも勿論うまくいくのですが・・・・・

 

 

実はこの「努力の方向性」を正すことって、

自分一人では難しいですよね。

 

 

その理由はYさんの感想の以下の部分にも良く現れております。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

某ネットビジネスで有名な商材のコピーライティングの担当しているKさんが、

「リサーチが大切。リサーチするかしないかが、儲かるか儲からないかの違い。」

という事を言っていて大事だと思っていましたが、正直あまりピンと来ていませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そう、自分一人ではYさんのように、

大事だとわかっていてもピンとこない・・・

いわゆる「本当に大事かどうか確証が持てない」ことから

大事だと思うところに対しての努力がしっかりとできないのです。

 

 

先ほどの車を例にして言えば、

「速く走るにはタイヤも大事なこともわかるけど・・・・

やっぱり速く走る為に根本的となるのはエンジンだからなぁ。」

と、思ってしまってタイヤを見ずに、

結局エンジンをいじってしまうわけです。

 

「いやいや!そのタイヤはパンクしているって!

そもそも速く走れるわけないでしょー!」

 

と、わかっている人から言わせれば、

一目瞭然なのですが、大事だと確証できない状態だと、

どうしてもダメな原因を発見することが難しいのです。

 

 

じゃ、この問題をどうすれば良いのかが肝心になってくるのですが、

 

 

その解決策は先ほどの車でいえば、

 

「いやいや!そのタイヤはパンクしているって!

そもそも速く走れるわけないでしょー!」

 

と、言ってくれる人、

いわゆる「自分の間違いを的確に指摘くれる人」を、

しっかりと見つけることです。

 

 

で、このような人を見つけるには「実績」だけではなく、

その人の日々の情報発信のブログやメルマガや会話などの

アウトプットから「視点の広さ」を感じる人がベストです。

 

 

なぜなら、視点が広い人は、

普段から多角的に物事を捉えていることから様々な視点を持っており、

 

 

自分の努力の方向性が間違っていた場合、

しっかりと間違いを指摘してくれ、

努力を正しい方向に持って行ってくれるからです。

 

 

先ほどの車の例でいえば

「スピードが出ない!」と相談された場合

 

ガソリンは異常ないか?

シャフトが曲がっていないか?

エンジンオイルが汚れていないか?

バッテリーは正常か?

エンジンが正常か?

タイヤは正常か?

 

などなど、

 

スピードが出ない点に関して、

このようにありとあらゆる原因を考えつくことから、

 

「そもそもタイヤがダメじゃん!新しいのに変えようぜ!」

 

と、スピードが出ない点を見つけ出して、

スピードが出ない点を改善する指示ができるのです。

 

 

で、この話はビジネスでも一緒であり、

ネットビジネスであれば、

日々の情報発信のブログやメルマガや会話などの

アウトプットから「視点の広さ」を感じる人から、

のコンテンツから教わるのが一番なのです。

 

 

ですから、現状努力をしているのにうまく収益が繋がらない方は、

是非とも「視点の広さ」を感じる人のコンテンツに、

どんどん触れることに意識していましょう。

 

 

ちなみにリサーチに関しての視野を広げるのであれば、

利益の法則は今回のYさんのような感想が他の方からも来ておりますので、

しっかりと視野の学びになること僕は自負しております。

 

 

それでは、今回はこの辺で失礼します。

 

 

山崎でした。

 

 

PS.利益の法則に関して、

「もう受け取れないのですか!?」

問い合わせがありましたが、

 

利益の法則は以下の記事の購入リンクからお買い求めいただければ、

コチラの記事から購入いただけます

いつでも購入することができます。

 

よろしくお願いいたします。

 

参加者5000人越えの顔出し・声だし不要のyoutube講座

silentyoutube


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>豪華特典の詳細はコチラをクリック<<

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ